タイ東北地方(イサーン)

【血入り生肉料理のソックレック】有名人も来店するヤソートーン県のイサーン食堂「パーモーン」

イサーン料理のひとつに生肉を使った「ゴイ(ก้อย)」があります。
牛の生肉にカオクア(炒ったお米)や粉唐辛子などを混ぜた料理で、バンコクのイサーン料理店でも食べられる比較的メジャーな料理のひとつです。
そのゴイに血を入れてコクや苦味を出したのがソックレック(ซกเล็ก)。
これはゴイよりも一気にハードルが上がる料理ですが、僕はいまだ食べたことがないソックレック童貞です。
せっかくイサーン全県の旅で20県も回るんだから、本場でソックレックを食べたい!
そして見つけたのがヤソートーン県の『パーモーン』というイサーン食堂でした。

有名ミュージシャンも来店!?

『パーモーン』はヤソートーンの市街地に立地。
中心部に宿をとっていれば徒歩圏内です。
僕が宿泊していた「BMグランドホテル」からだと徒歩10分ほど。
この店を選んだのはソックレックが旨いとの評判を知ったからでした。
テーブル席に着き店内を見渡すといくつか写真が掲げられていて、立ち上がって近づくと有名ミュージシャンのカラバオさん!
タイの有名人のことはかなり疎いですが、そんな僕でも分かるほどカラバオさんは著名なアーティストです。
そのほかの写真も見てみましたが、有名人かどうなのかも判別できませんでした。
詳しい方がいたらコメント欄で教えてください。

右はカラバオさんだと思います

これも有名人との写真なのか家族写真なのか分からないです…

珍しいイサーン料理3品をチョイス

『パーモーン』のメニューは記事下段に載せておきますが、ソックレックの他も変わったイサーン料理を食べたく全3品を選びました。
あっ、ビールとカオニャオを入れたら5品です!

オムノーン/อ่อมน้องห

「オム」とはバイメーンラックという葉やパクチーラオ、こぶみかんの葉、レモングラスなどを使ったイサーンのスープ料理。
バンコクだとイサーン屋台や食堂で見ることが多く、豚肉のオム(オムムー)は好きなイサーン料理のひとつです。
僕がオーダーしたのは、おっぱいが入ったオムノーン。
ただこの日は、おっぱいがあまりなかったようで他部位も入っています。
注文時に店主のおばちゃんから
「苦いのは大丈夫?」
聞かれたので大丈夫!と威勢よく答えたのですが、これがいけなかった。
一口いただくと苦さが半端ない!
おっぱい肉は柔らかくて美味しいのですが、本場の苦さは並大抵じゃなかったです。

オムノーン/อ่อมน้องห

ヤーンプアンノム/ย่างพวงนม

こちらは牛のおっぱい焼き。
こちらもおっぱい肉だけではなく他部位も入っています。
炭火で火を通したノム(おっぱい)は、火加減もよろしく柔らかい。
肉を挟める網を使い炭火で焼いているあたり、さすがでございます。

ヤーンプアンノム/ย่างพวงนม

炭火で焼いています

ソックレック/ซกเล็ก

そして出ましたソックレック!
生肉は臭みなど1mmもなく新鮮そのもの。
生肉自体は旨いんですけど、これもとにかく苦い!
オムもそうだけど、この苦味は内臓を使ったタレなんじゃないかなぁ。
肉の新鮮さからすると、この店がソックレックで評判なのも理解できます。
ただ苦みが少なめにしておいた方が個人的には美味しくいただけるんじゃないかと思う次第です。

ソックレック/ซกเล็ก

「パーモーン」のカタカナ併記付き全メニュー

レアなイサーン料理が揃う『パーモーン』ですが、メニューにはタイ語表記しかありません。
他にどのような料理があるか知りたい方もいると思うので、カタカナを併記したメニューを掲載しました。
参考にしてください。

ソックレック/ซกเล็ก
ヤーンプアンノム/ย่างพวงนม
ルアクカイハム/ลวกไขหำ
オムノーンモーファイ/อ่อมน้องหม้อไฟ

トムヘーン/ต้มแห้ง
トムモーファイ/ต้มหม้อไฟ
ルアククルアンナイ/ลวกเครื่องใน
オムピイア/อ่อมเพลี้ย
ソイジュ/ซอยจุ๊
ゴイマナオ/ก้อยมะนาว
ゴイタップワーン/ก้อยตับหวาน
ヤーンスア/ย่างเสือ
ヤーンリン/ย่างลิ้น
ヤーンゴイグルア/ย่างก้อยเกลือ
ヤーンプアンノム/ย่างพวงนม
ヤーンタップ/ย่างตับ
ヤーンサムシップグリープ/ย่างสามสิบกลีบ
ルアクヌア/ลวกเนื้อ

ルアクカイハム/ลวกไขหำ
オムノーンモーファイ/อ่อมน้องหม้อไฟ
トムトゥアディアウアンディアウ/ต้มตัวเดียวอันเดียว
カオニャオ/ข้าวเหนียว

ヤソートーン県のイサーン食堂はYouTubeライブでも紹介しました

イサーン全県の旅ではすべての県でライブ配信を行っており、ヤソートーン県ではこちらの食堂にも立ち寄っています。
そちらのアーカイブは以下ですので、そちらも併せてご覧ください!

【SHOP DATA】
「パーモーン(ร้านป๋าหมอน)」
TEL:0956058251
OPEN:06:00-21:00(基本無休)
※Google Mapでは9時開店ですが、店主から聞いた開店時間を表記しています。

noteでも記事を書いています

noteでもブログを執筆しています。
タイで住む私がタイの魅力をコンテンツとして配信し、タイで起業したい、移住したいという方が増えればと思っています。

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-タイ東北地方(イサーン)
-

© 2022 激旨!タイ食堂