MRT駅近 [料理名]ラートナー(あんかけ麺)

MRTクロントゥーイ駅すぐ ラートナーだけで勝負する屋台!

「ここの開店時間は何時ですか?」

「9時です。もうちょっと待ってね」

9時に開店することは知っていたので余裕をもって9時30分に来店したら、女性スタッフたちはまだ開店準備に追われていました。
とろとろのあんかけが煮込まれている巨大な鍋を混ぜているのは、このお店の店主。
『ラートナー ムーウーン』はラートナーだけを扱った、ラートナー専門店です。

IMG_4208

[PR]


至極のあんかけと麺に参った!

クセがなく、シンプルで食べやすいタイ料理なのに意外と専門店が少ないラートナー。
認知度も、もっと上がっていいと思うんですけど。
あまりタイ料理っぽくないところがウケないのか…。

『ラートナー ムーウーン』は日本人にほとんど知られていない店ですが、創業17年。
お店のFacebookにはタイの有名人たちが来店した写真がいくつも掲載されている有名店です。

IMG_4206 IMG_4188 IMG_4189

席に座ってしばらく待っているとすべての準備が整ったようで、私がオーダーしたセンミー(細麺)のラートナーが運ばれてきました。
眼前に置かれたラートナーを一見し、私が抱いた印象は「美しい」。
黄金入りに輝くスープ、濃緑をしっかり残したカイラン菜、絶妙な火の通り具合の豚肉。
器の中で渾然一体となり、1つの作品が完成したといっていいでしょう。

IMG_4197

レンゲでスープを一口。
コクがあってくどくなく、素晴らしいあんかけ!
驚いたのはそれだけではなく、強火でさっと炒められたセンミーもしかり。
炒め具合と味付けがプロの業を感じさせてくれます。

IMG_4199 IMG_4182 IMG_4193

あんかけを作っている大鍋の隣に、ペーストのようなものを発見!

「これは豆腐のペーストとニンニクです」

きっとこれが旨さの秘訣なんじゃないだろうか…。

IMG_4203

私が食べ始めたあたりから次々とお客さんが来店し、席に座って食べる方はもちろん、持ち帰りでオーダーする人も目立ちます。
みんな9時に来店しないってことは、いつも開店が遅れててそれを知ってるってことなのか…。

最寄駅からの行き方

最寄りはMRTクロントゥーイ駅。
②番出口を出て、車が流れている方向へ5分ほど歩くと見えてきます。
大通りから細い道へ入ってすぐの場所です。
駅から近く見つけやすい場所ですので、界隈に詳しくない方でもアクセスは楽チンなはず!

幸せになれるラートナー

ずっとあんかけを作っていた女性オーナーは、私が話しかけるときだけじゃなくお客さんとの対応時もずっと、きらきら輝く素敵な笑顔を見せていました。
黄金色に輝くラートナーと光り輝く彼女の笑顔。
幸せを感じられる2つのキーワードが、創業17年の『ラートナー ムーウーン 』を支えてきたのでしょう。

IMG_4201

【SHOP DATA】
「ラートナー ムーウーン(ราดหน้าหมูอึ๋ม)」
TEL:02-359-1603,089-699-8999
OPEN:9:00-15:00(日曜日休み)
ADDRESS: Rama 4 (at Soi Thep. Entrance Tobacco Rama IV) Toei, Toei, Bangkok.
PRICE:ラートナー50B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-MRT駅近, [料理名]ラートナー(あんかけ麺)
-

© 2020 激旨!タイ食堂