" />

MRT駅近 [料理名]ガパオライス

スティサンにあった!女性店主が作る絶品ガパオライス

MRTスティサン駅を上がったところに「ムアンタイパトラ市場(ตลาดนัดเมืองไทยภัทร)」というローカル市場が広がっています。
衣料品からタイ飯の屋台、奥にはフードコートがあるなど、駅からすぐでこれだけローカルな市場があるんですがあまり知られていません。

ムアンタイパトラ市場(ตลาดนัดเมืองไทยภัทร)

ここにはたくさんの屋台があるのですが、持ち帰りがほとんどでその場で食べられる店が少ない。
フードコートはありますが、僕が今回紹介したいのは市場を出てすぐのところにある食堂です。

地図にも載っていないガパオライスが旨い超ローカル食堂

数年前からこの食堂は知っていて、何度か食事をしたことはありました。
ところがなぜか本ブログで取り上げたことない!
この食堂と出会って数年経ちましたが、2022年になりようやく取り上げることにいたしました。
だいたい店名も掲げられていないし、Google Mapでこの辺りを確認しても該当する店舗が見当たらない。
何度か訪れてはいるのに、店名すら聞いたことがありませんでした。
店名すら知らなかったこの食堂で旨いのは、ずばりガパオライスなんです!

店名はどこにもありません…

女性店主が腕を振るう絶品ガパオライス

この店はアハーンタムサンといわれるスタイルの食堂で、定番メニューならなんでも作ってくれカオパットなどの炒め物が中心です。
ここでいくつかの料理をいただきどれも素晴らしいんですが、今回推したいのはガパオライス。
もちろん目玉焼き(カイダーオ)を乗せるのは忘れません!
僕が注文すると

「辛いのは大丈夫?」

と聞いてくれるので「オッケー!」と返答するのは常。
とはいえめちゃくちゃ辛くなるわけでもなく、僕にとっては良い塩梅の辛さに仕上がっているんです。
味付けは少し濃い目でご飯が進むし、芳醇なガパオの香りが口の中に広がるので食欲がぐっとアップ!
今回の取材で来店した際、隣のテーブルに若いタイ人女性が3人で食事をしていたんですが、彼女たち全員が食べていたのもガパオライスでした。

メニューはありますがすべてタイ語のうえ、ちょっと隠れてしまっているところも…

 

「辛いの大丈夫?」と僕に聞いてくれた女性店主

 

これが絶品ガパオライスです!

 

僕がGoogle Mapでお店の場所を追加しました

食事が終わると彼女にお話を伺いました。
だいたい店名すら知らなかったので…。

「お店の名前は『アハーンタムサン ノーンビー』です。看板とかはないんですけどね」

店名を掲げずとも、地元の人たちが愛してやまない食堂。
営業時間も確認し、僕がGoogle Mapでこのお店を追加しておきました。
これで来店しやすくなったと思うので、マップを参考にしぜひ来店してみてください。

お店情報

アハーンタムサン ノーンビー/ร้านอาหารตามสั่งน้องบี
TEL:098 408 3167
OPEN:08:00-15:30(基本無休)

2022年開催コムローイ祭りのチケット取り扱っています!

僕が運営している旅行会社TRIPULLでは、今年開催のコムローイ祭りこと「CHIANG MAI SKY’S LANTERNS FESTIVAL 2022」のチケットを取り扱っています。
無数のコムローイが夜空へ放たれ幻想的な世界が広がる、タイ屈指のイベントです。
詳細は以下のリンク先よりご覧ください!
https://tripull.asia/yeepeng2022/

バンコク発チャータータクシー手配やってます

僕が運営している旅行会社ではバンコク発のチャータータクシーを手配しています。
アユタヤからピンクのガネーシャなどなど、タイ旅行にお役立てください! 



-MRT駅近, [料理名]ガパオライス
-