MRT駅近 [料理名]バミー(中華麺)

ホワランポーン駅近くの大好きなバミー屋『サワンバミーガンプー』の移転先

記事の人気度の高さと、私の好みが一致する場合もあれば、まったく一致しない場合もあります。
一致するのは、常にPV数ベスト10入りしている『ヘンチュンセン』。
数ヶ月に渡りトップページ右の人気記事に表示されているほど。
逆に一致しないのは、昨年10月25日付けでアップしたMRTホワランポーン駅近くのバミー屋『サワンバミーガンプー(สว่าง บะหมี่ก้ามปู)』です。

知名度は低くとも評価の高いバミー屋

ここのスープは日本の豚骨スープのような味わいで、タイでは珍しいバミーナーム(汁有りバミー)。
他にはないテイストだけに私は非常にお気に入りのバミー屋なんですが、ネットを調べても誰も紹介していないし、このブログ内でのPV数もさほど高くありません。
ホワランポーン駅近くのバミー屋といえば『バミージャップガン』が有名なので、そちらに行く方がほとんどなのかもしれません。
知名度は『バミージャップガン』に負けていますけど、Wongnaiでの評価は高いんですよ。

昨年取材をしたとき『サワンバミーガンプー』女性オーナーのファーさんは

「2015年の12月末に移転する予定なの」

とおっしゃっていました。
2016年に入ってから一度も来店していなかった私。
移転しているのか気になり先日店を訪れてみました。

[スポンサーリンク]



ドキドキしながらホワランポーンに

予定通りならすでに移転し、跡地に移転先が掲げていなければ一生再会することが出来ない可能性もある。
ちょっとドキドキしながら来店してみると、何事もなかったように元気に営業してました(笑)

IMG_8216 IMG_8217 IMG_8219

さすがタイランド。
営業しているなら問題なし。
私が超お気に入りのバミーナームはギアオ(ワンタン)入りがデフォです。

IMG_8224
運ばれてきた丼を見つめながら数ヶ月ぶりの出会いを喜ぶ孤独のグルメ。
豚骨スープは濃厚なんですが濃厚過ぎない絶妙さで、旨みが凝縮している。
手作りバミー麺とワンタンも絶品で、旨さ溢れる一杯なんです。

IMG_8198 IMG_8200 IMG_8203

ホワランポーンからの移転の件は……

ひさしぶりの一杯をしっかり味わったあと、移転がどうなったのかファーさんに伺ってみることにしました。
およそ5ヵ月ぶりにお会いしたファーさん。
以前は金髪でしたが、現在は黒髪です。

IMG_8207

「ここは今年の6月で閉店して7月から新しい場所で営業することになったの。移転先は決まったわよ」

そう言って手渡してくれた地図を見ると、現在地とはさほど離れていない場所のようです。
ただ移転先はホワランポーン駅からは少し離れるため、MRT利用の方にとっては今より不便になるでしょう。

IMG_8205

ホワランポーン駅に立ち寄った際は、『サワンバミーガンプー』の汁有りバミーをぜひ食べてみてください! 旨いですから!

ちなみに以前やっていたランチ営業はやめ、17時からの営業になったようです。

※移転先の記事は以下をご覧ください。
MRTサムヤーン駅から徒歩5分 ホワランポーン駅近くから移転した至極のバミー屋

【SHOP DATA】
「サワンバミーガンプー(สว่าง บะหมี่ก้ามปู) 」
TEL:081-422-1134,02-236-1772,081-618-1884
OPEN:17:00-22:00(月曜日とワンプラと呼ばれる仏の日)
ADDRESS:3/4/0336, Rama 4 Road, Pathumwan, Bangkok,10500
PRICE:バミー60B〜

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-MRT駅近, [料理名]バミー(中華麺)
-

© 2020 激旨!タイ食堂