BTS駅近 [料理名]クイッティアオ(タイラーメン) [料理名]モーファイ(火鍋)

BTSアーリー駅すぐに超人気クイッティアオ店の支店が!?

近ごろ、BTSアーリー駅の界わいによく出没しています。

IMG_9366
戦勝記念塔とチャトゥチャック公園という有名なエリアに挟まれている上、アーリー駅付近にそういった観光要所がないこともあって、あまり目立たない存在です。
ところがよく観察すると旨い店が多く、落ち着いた雰囲気も好きですし、住みたいぐらい。

先日、アーリー駅高架下を歩いていると以前紹介したカオマンガイ屋『ルアンセン』の近くを通りかかったら、やけに混雑しているクイッティアオ屋に目がとまりました。

小さな店ではありますが、昼どきではない時間帯にほぼ満席になっている様子をみると、このクイッティアオ屋、ただ者ではないでしょう。
私のアンテナはビビッと反応。

IMG_9359
ついさっき『ナイメン』でバミーを食べたばかりだというのに、この店へ入店しました。
ちなみに『ナイメン』も後日紹介しますよ。
こういう場合、先に食べた店を紹介するのが一般的だと思うんですが、私はひっくり返すこと多々。

脱線しましたが、私が入店したのは『クイッティアオ ヌア ワット・ドン・ムンレック』という長ったらしい名前の店。
店名通り牛肉のクイッティアオが売りなのでしょう。

IMG_9367IMG_9357
メニューには豚もありますが、やはりまずはクイッティアオ・ヌア。
出てきたクイッティアオは、とろとろになるまで煮込まれた牛肉が麺の上でごろんと主張しています。
スープも素晴らしく、満席になるのも頷ける。
うんうん!

IMG_9341

食べながらふと振り返ったら、私、見てはいけないものを見てしまいました。
後方の客が食べていたのは、モーファイ!
私の大好物な鍋です。

モーファイで私がもっともお気に入りの店は『Heng Chung Seng』
何度も繰り返しているので、「もういいよ!」と思われる方もいるかもしれませんが、今後も登場すると思いますよ!

クイッティアオ一杯、そしてその前にバミー一杯。合計2杯を食べている胃袋に、モーファイというボリューミーな鍋が果たして食えるのだろうか。
いや、食えるか食えないかの問題ではない。
食うしかない!

私は思い切って注文しました。
モーファイの薫りは鼻孔を刺激し、失いかけた食欲がふたたび復活してきたように思います。
牛肉やモツなどの種類や量は『Heng Chung Seng』の方が上手ですが、スープの味は匹敵しているレベル!
一度食べ始めたら止まらなくなり、一気に完食しました。

IMG_9348IMG_9364

こんな旨い店だからこそ、昼どきでなくても賑わっているのでしょう。
さぞ創業して長いのかと聞いてみたところ、4年!
たった4年!?
私は2度ほど聞き直しましたが、4年だそうです。
ほんとに4年でこの味が出せるのか…。
『Heng Chung Seng』なんて70年以上も営業しているというのに。

私は帰宅してから、この長ったらしい店名を検索してみました。
すると……。
アーリー駅にある店はどうも支店のようで、本店はチャオプラヤー川よりも向こうの、Wat Dong Mun Lek(ワット ドン ムンレック)というお寺のすぐ傍にあるようです。
ここがかなり評判が高い。
さすがにすぐ行ける距離ではないのでまだ来店していませんが、近いうちに突撃してまいります!

IMG_9361

 

【SHOP DATA】

「クイッティアオ ヌア ワット・ドン・ムンレック(ก๋วยเตี๋ยวเนื้อ วัดดงมูลเหล็ก )」
TEL:02-278-0996,081-962-6872
OPEN:10:00-20:00(隔週日曜日休み)
ADDRESS:Building thunderous sky 1 5/4 Soi Ari, Phaholyothin Road, Phayathai, Bangkok 10400.
PRICE:クイッティアオ50B、モーファイ150B

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-BTS駅近, [料理名]クイッティアオ(タイラーメン), [料理名]モーファイ(火鍋)
-

© 2020 激旨!タイ食堂