" />

[料理名]パッタイ(タイ風やきそば)

有名店のそばに名店あり!海老味噌が香る絶品パッタイ

バンコクのパッタイといえば、もっとも有名な『ティップサマイ』を挙げるj方が多いでしょう。
コロナ前までは店の前には毎日のように長蛇の列ができ、厨房だけでなく店頭でパッタイを作っている姿がありました。
各国からの旅行者が並ぶほど知られている『ティップサマイ』ですが、このすぐ隣にもパッタイ屋があることはあまり知られていません。
今回紹介する『ルンパーパッタイ ジャオガオ』です。

薄焼き卵で包んだ海老入りパッタイ

ルンパーパッタイ ジャオガオ/ลุงภา ผัดไทย เจ้าเก่า

僕は女性スタッフがパッタイを調理するところも見せてもらいました。
まずはマンクン海老味噌を油で炒めて香りを出す。
それから麺をや海老を炒めてタマリンドソースなどで味付けをし、最後に薄焼き卵で包んでいきます。

フライパンさばきがあまりにも流暢なので、写真撮影しながら見入ってしまいました。
さて海老味噌入りのパッタイ。
薄焼き卵がパッタイをそっと包み込んでいる姿は、子供を宿した妊婦のよう。
生命の神秘すら感じるのは僕だけでしょうか!

早い時間帯はいつもこの女性が調理しています
薄焼き卵で包まれた海老入りパッタイ

大袈裟な表現をしたところで一口。
一般的なパッタイでは"センチャン"と呼ばれる平たい麺を使うことが多いのですが、『ルンパーパッタイ ジャオガオ』ではセンレックのような麺です。
甘さは控えめで、強烈な印象を刻んだのは海老味噌の香りが鼻腔を抜けていく。
『ティップサマイ』も同様に海老味噌を使ったパッタイなんですが、香りの豊かさでいえば『ルンパーパッタイ ジャオガオ』のほうが強い。
これだけのパッタイを提供していながら、注目されるのが『ティップサマイ』ばかりなのは勿体ない!

中麺が使われています

1975年創業の「ルンパーパッタイ ジャオガオ」

店内には写真や記事などいろんなものが掲げられているのですが、ひとつ気になったのがメニューです。
値段があまりにも安過ぎるのでスタッフに聞いてみました。

「うちのお店が創業した1975年当時のメニューだよ」

こちらが創業当時のメニュー
左の男性が創業者のパーおじさんです

僕が1974年生まれだからほぼ同い年です。
創業して半世紀近く、たくさんの人たちの心を掴んできた海老味噌が香るパッタイ。
隣の有名店『ティップサマイ』と食べ比べてみて、どちらが好みのパッタイなのかを味わってみるのも楽しいかもしれません。

「ルンパーパッタイ ジャオガオ」をYouTubeでも紹介しています

今回紹介した『ルンパーパッタイ ジャオガオ』はYouTubeでも取り上げています。
『ティップサマイ』との食べ比べもしていますので、参考にしてください。

店名ルンパーパッタイ ジャオガオ/ลุงภา ผัดไทย เจ้าเก่า
電話番号085-213-1621
営業時間10:00-01:00(隔週月曜日休み)
Facebookhttps://www.facebook.com/LungpaPadthai/
Google Maphttps://goo.gl/maps/rETpTKqKZ3KGQ32c6

2022年開催コムローイ祭りのチケット取り扱っています!

僕が運営している旅行会社TRIPULLでは、今年開催のコムローイ祭りこと「CHIANG MAI SKY’S LANTERNS FESTIVAL 2022」のチケットを取り扱っています。
無数のコムローイが夜空へ放たれ幻想的な世界が広がる、タイ屈指のイベントです。
詳細は以下のリンク先よりご覧ください!
https://tripull.asia/yeepeng2022/

-[料理名]パッタイ(タイ風やきそば)