BTS駅近 [料理名]ソムタム

シーロムにある定番のソムタム屋
「Hai ソムタムコンベント」

最近、ソムタム屋の紹介が多くなってきた「激旨!タイ食堂」。
5月の1店舗目となる店もやっぱりソムタム屋です!

シーロムでは『SOMTUM DER』を取り上げましたが、この店よりも老舗で界隈で定番のソムタム屋といえば『Haiソムタムコンベント』でしょう。
平日の昼どきはいつも満席で、BTSサラデーン駅から徒歩5分ほどと近いこともあり旅行者でもアクセスしやすい立地で人気です。
以前は私もときどき足を運んでいたのですが、昼だけじゃなく夜も賑わっていてゆっくり出来ないこともあり、最近は足が遠のいていました。

1年以上ぶりに訪れた『Haiソムタムコンベント』

ブログやWebサイトでも頻繁に紹介されていることもあり、いままで『Haiソムタムコンベント』を取り上げることは無かったのですが、この店を知らない方のためにも取り上げることを決意。
1年以上は来店していなかったこの店へと、ひさしぶりに訪れました。

IMG_9123IMG_9125 IMG_9124IMG_9146

[スポンサーリンク]



平日はいつも満席の『Haiソムタムコンベント』だけに、私が狙ったのは土曜日。
しかもオープン直後で昼前の11時です。
私の思惑どおり先客は2組しかおらず、店員ものんびりしています。

IMG_9130

いろんなブログなどで取り上げられている店だけに、オーダーする料理は若干変わったメニューにしてみたい。
メニューを眺め私が選んだのは人参のソムタムと、米麺カノムジーンのソムタムです。

IMG_9115

人参のソムタムは「ソムタムキャロット」

米麺ソムタムは「タムスア」
メニューには「ソムタムカノムジーン」と表記されていました。
米麺にソムタムのエキスが染み込み独特の味わいが楽しめ、私のお気に入りソムタムの1つです。

IMG_9113

タムスア

ソムタムだけ2品を食べるのは辛いので、お供として注文したのはカオニャオダム。
イサーン料理屋でもあまり見かけることのない黒米のもち米で、これもお気に入りの1品です。

IMG_9107

カオニャオダム

創業して20年以上が経つという『Haiソムタムコンベント』では一通りのイサーン料理が揃っていて、ソムタムだけではなくガイヤーンも人気メニューの1つ。

IMG_9145 IMG_9134 IMG_9135 IMG_9136 IMG_9137 IMG_9138 IMG_9140 IMG_9141 IMG_9142

ラープママーガイとは……

3品も食べれば大食いでもない私の胃袋は十分満足なんですが、メニューを見てどうしても気になっていた料理がありました。
ラープ ママー ガイ。
「ラープガイ」とは鶏ひき肉のスパイシーサラダで、これとママー(インスタント麺)を絡めた料理のよう。
「ラープムー」(豚ひき肉のスパイシーサラダ)はイサーン料理やで見かけることが多いですが、ラープガイはあまりお目にかからない上に、インスタント麺と絡めたものに出会ったのは初めてです。
メニューの写真を見るだけでもB級感がぷんぷん匂う。
ほぼ満腹な胃袋を納得させて、ラープママーガイを注文しました。

IMG_9121

このB級感、伝わりますでしょうか!?
一口いただくと見た目以上のB級感で、にんまりと笑顔にさせる一品です。
ありそうで無かったラープママーガイ。
ちなみにネットで「ラープママーガイ」と検索してみたんですがヒットしませんでした。
これって「Haiソムタムコンベント」のオリジナル料理なんだろうか…。

他店で見たことがある方がおられましたらぜひ教えてください!

IMG_9149

【SHOP DATA】
「Hai ソムタム コンベント(Hai ส้มตำคอนแวนต์)」
TEL:02-631-0216
OPEN:10:30-21:00(日曜日休み)
ADDRESS:2/4-5 convent road,Silom,Bangkok 10500
PRICE:ソムタムキャロット70B、ソムタムカノムジーン70B、ラープ ママーガイ90B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-BTS駅近, [料理名]ソムタム
-

© 2020 激旨!タイ食堂