" />

BTS駅近 [料理名]クイッティアオ(タイラーメン)

戦勝記念塔のクイッティアオルア2店舗を食べ比べ

BTS戦勝記念塔駅の周辺には、クイッティアオルア(ก๋วยเตี๋ยวเรือ)の店が数店舗あることで知られています。
クイッティアオルアとは小さな器に入ったクイッティアオのことで、何杯も食べられるので色んな味を楽しめるのが特徴。
日本の「わんこそば」に喩えられることが多い麺料理です。
戦勝記念塔の周りには何店舗かあるのですが、そのほかの場所だとなかなか巡り会えない。

BTS戦勝記念塔駅の近くにあります

そんなわけなので、バンコクに住んでいる僕でさえここ数年食べていないんです。
数年食べていないんですけど、先日なぜかふと頭にクイッティアオルアが浮かんできました。
これは何かしらの啓示なのか…。
勝手にそんな風に思い込んだ僕は、戦勝記念塔へと向かわずにはいられなくなったのであります。

戦勝記念塔近くのクイッティアオルア有名店2店舗

戦勝記念塔周辺でクイッティアオルアのお店が集まっているエリアは、塔の北にある運河沿い。
このあたりで4店舗が営業しています。
さてどの店にしようか。
運河を渡す細い橋を歩くと、両手にクイッティアオルアの店が見えます。

クイッティアオルアの2店舗が隣同士

右手が『クイッティアオルアパヤック』、左手が『バーンクイッティアオルアトーン』というお店。
どちらも有名店のようですが、客が並んでいるのは左手の『バーンクイッティアオルアトーン』です。
同じクイッティアオルアなのに、これほど客数の差があるのか。
どのような違いがあるのか気になりつつ、僕は数人が並ぶ『バーンクイッティアオルアトーン』列の最後尾で待つことにしました。

「バーンクイッティアオルアトーン」で8皿完食

バーンクイッティアオルアトーン/บ้านก๋วยเตี๋ยวเรือทอง

僕の前には2組が待っていただけなので、待ち時間は5分ほど。
店内へ案内されるとみっちりとテーブルが埋まっていて大盛況です。
これだけ客数が多いのは、土曜日のランチタイムだったことも要因でしょう。
クイッティアオルアは1杯16バーツ。

メニューに並ぶのは豚のクイッティアオ、牛のクイッティアオ、トムヤム、イエンタフォー。それぞれスープ有りと無しがあるので、全8種ということになります。
そして麺の種類はセンレック(中麺)、センミー(細麺)、センヤイ(太麺)、バミー(小麦麺)、ウンセン(春雨)の5種。

クイッティアオの種類と麺の種類を伝えればOK。
僕は7種類のクイッティアオと、ケープムー(揚げた豚の皮)を1皿オーダーしました。

数年ぶりにいただくクイッティアオルア。
注文したのは豚肉入りのスープ有り、牛肉入りのスープ無し、トムヤムのスープ有りとスープ無し、イエンタフォーのスープ有りとスープ無しです。

店内だけではなく外のテーブルも満席
牛肉のクイッティアオ
豚肉のクイッティアオ
イエンタフォー
ケープムー

小さいとはいえ8皿の丼を並べるとテーブル上が大渋滞!
僕はテーブル上のクイッティアオルアをどんどん食べ進めていくのですが、小さいながらどれもレベルが高い!
センレックのモチモチ感、豚肉や牛肉クイッティアオのスープ、トムヤムのスープなどなどどれも旨くて、ノンストップで一気に食べ尽くしました。
もちろんケープムーもです。

どのクイッティアオもそれぞれが専門店で出せるぐらいのレベルだったので、これだけのお客さんで賑わっているのも頷けます。

牛肉のクイッティアオのスープ無し

僕は膨れた腹をさすりつつお店を出たのですが、目の前にあるのはもう1店舗のクイッティアオルアの店『クイッティアオルアパヤック』。
こちらは行列ができるほどの客入りではありません。
どれほどの違いがあるんだろうか…。
やっぱりそれが気になってしまい、僕は後日『クイッティアオルアパヤック』へと訪れることにしました。

店名バーンクイッティアオルアトーン/บ้านก๋วยเตี๋ยวเรือทอง
電話番号086-422-4932
営業時間09:00-20:00(月曜日休み)
Google Maphttps://goo.gl/maps/SpR59xiSyFiAgVKWA

「クイッティアオルアパヤック」には2種類しかない?

数日後『クイッティアオルアパヤック』に来店したのは平日のランチタイムでした。
満席ではなかったものの、7〜8割ほどのテーブルが埋まっています。
平日でこれだけの客数が入っていれば十分でしょう。

テーブルに置いているメニューはタイ語版と英語版の2つ。
それを手に取ってみると、驚きの事実が判明しました。
クイッティアオルアは1杯15バーツで、先日訪れた『バーンクイッティアオルアトーン』よりも1バーツお安いんですが、スープの種類が2つしかない!

バミー麺の豚肉クイッティアオ
センレックの豚肉クイッティアオスープ無し

他にもクイッティアオのメニューはあるのですが、1杯40バーツ以上する普通サイズです。
クイッティアオルアの種類は豚肉と牛肉入りの2つ。
スープ有りとスープ無しが選べるので厳密にいうと4種類になりますが、やはりトムヤムやイエンタフォーがないのは寂しい。

僕はクイッティアオルアを3皿と、ふつうサイズのトムヤム、カオソーイがあったのでそれもオーダーしてみました。

普通サイズのクイッティアオトムヤム(40バーツ)
普通サイズのカオソーイガイ(50バーツ)

豚肉と牛肉のクイッティアオルアはスープ有りと無しのどちらも旨い!
センレックのモチっとした食感も良かったし、スープのコクが深かったので、僕はコチラの方が好みです。
ふつうサイズのトムヤムも良かったのですが、カオソーイは注文する必要はありませんなぁ。
カオソーイは専門店で食べることをおすすめします。

それぞれの丼のサイズ感です(右がクイッティアオルア、中央がクイッティアオトムヤム、左がカオソーイ)
店名クイッティアオルアパヤック/ร้านก๋วยเตี๋ยวเรือป๋ายักษ์
電話番号089-921-3378
営業時間09:00-21:00(基本無休)
Google Maphttps://goo.gl/maps/K41iQF59APD4cL959

2店舗のクイッティアオルアを食べ比べてみて

戦勝記念塔の周りにはいくつかクイッティアオルア専門店がある中、今回は2店舗を食べ巡ってみました。
どちらもクイッティアオルアのレベルは高かったものの、2店舗目の『クイッティアオルアパヤック』では15バーツのクイッティアオが2種類しか無かったのが残念。
今回取材した2店舗で西尾的におすすめなのは、1軒目の『バーンクイッティアオルアトーン』でございます。

2022年開催コムローイ祭りのチケット取り扱っています!

僕が運営している旅行会社TRIPULLでは、今年開催のコムローイ祭りこと「CHIANG MAI SKY’S LANTERNS FESTIVAL 2022」のチケットを取り扱っています。
無数のコムローイが夜空へ放たれ幻想的な世界が広がる、タイ屈指のイベントです。
詳細は以下のリンク先よりご覧ください!
https://tripull.asia/yeepeng2022/

バンコク発チャータータクシー手配やってます

僕が運営している旅行会社ではバンコク発のチャータータクシーを手配しています。
アユタヤからピンクのガネーシャなどなど、タイ旅行にお役立てください! 



-BTS駅近, [料理名]クイッティアオ(タイラーメン)
-