[料理名]南タイ料理

トンローで絶品のタイ南部料理を『プーケットタウン(PHUKET TOWN)』

日本ではマッサマンのカップヌードルが発売されるなど、マッサマンブームが到来。
それまで「マッサマンカレー」と聞いて知っている人の方が少なかったでしょうが、いまでは大半が知っているのではないでしょうか。
知っている、といっても“名前を聞いたことがある”程度で、どこの国の、どういったカレーなのかを答えられる人は少ないでしょうが。

トンローで人気の南タイ料理レストラン『PHUKET TOWN』

タイ料理の1つと言われているマッサマンカレー。
ムスリム料理だったマッサマンカレーは、マレーシアからタイ南部に伝わったともいわれることから、メニューとして揃えられているのは主に南タイ料理店です。
タイに来て
「どこに行ってもマッサマンカレーがない」
とあちこち探しまわっている旅行者も少なくないでしょう。

屋台などで見かけることはほとんどありません。

美味しいマッサマンカレーがあって、駅からも近く、旅行者でも容易に行ける南タイ料理店。
トンローの南タイ料理店『PHUKET TOWN』が今回訪れたお店です。

IMG_0176IMG_0178

デザインセンスに富んだ店内

トンロー通りを北上、ソイ6の入口に店を構えています。
プーケットに訪れたことがある方なら分かると思いますが、外観のイメージはプーケットのオールドタウンそのもの。
内装もオールドタウンを意識し、デザインセンスの高さを感じさせてくれます。

IMG_0199 IMG_0200 IMG_0204

「いつもローカル料理店ばかり食べ歩いているのに、なんで今回はこんなオシャレな店なんだ?」
そんな声が聞こえてきそうですが、友人からの推薦で来店することになりましたので、何とぞ深いご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

『プーケットタウン』なるお店に来店したからには、まず目の前に置いておきたいのはプーケットビール!
IMG_0179

ふだん、プーケットビールを飲みたいという衝動に駆られないのは沖縄のオリオンビールと同じで、それぞれの地方を感じさせる飯屋だとかレストランへ来店すると、むくむくと欲望が湧いてくるのです。

プーケットビールを飲んで調子が出てきた私たち3名は、メニューを手に取りオーダースタート!

本格的かつ一工夫加えた絶品の南タイ料理

メニューNo.21番
「茄子とミンチ肉の炒め物」
全員3人から好評でした。
辛いものが苦手な方でもダイジョウブ!
IMG_0181

メニューNo.37番
「ココナッツスープ」
「ポタージュみたいな味だ!」
と言わしめた、南タイ料理とは思えない辛みがない濃厚スープ。
IMG_0184

メニューNo.12番
「イカゲソ揚げのヤム」
カリっと感が抜群のゲソ揚げがヤムに合う!
IMG_0187

メニューNo.14番
「野菜の盛り合わせ」
定番の一皿。中央のディップに付けて召し上がります。
IMG_0191

メニューNo.45番
「鶏とタケノコのレッドカレー」
「一番辛くないカレーを!」
という強い要望により店員がチョイスしたカレー。
IMG_0193

メニューNo.5番
「手羽から揚げ」
王道の風格さえ漂います!
IMG_0195

全6品。
どのメニューも「美味しい」だけではなく、料理の個性をつぶさないように絶妙なアレンジを施しているあたり、ずば抜けたセンスを感じます。
食べるたびに脱帽させられました。

店内に掛けられている取材を受けた写真を見ていると、1人の美女が数点の写真で笑顔を見せている。
誰でしょう…。

IMG_0203 IMG_0197

「彼女がこの店のオーナーです。普段は昼から店にいますが、今晩は出掛けていて不在ですが」

私たちの質問に答えてくれたのは、マネージャーのペーさんです。

IMG_0206

『PHUKET TOWN』の素材はプーケットから取り寄せ

彼女は若干33歳でトンロー通り沿いに構える店のオーナーとなっただけではなく、創業5年で数々の取材を受ける店にまで成長させた敏腕実業家です。
しかも持っているのは抜群の経営手腕だけではなく、美貌までも!

天はいったい彼女にいくつもの才を与えたのでしょうか。

「うちで使っている食材で豚や鶏、魚介類以外の、野菜やカレーなどはすべてプーケットから空輸しているものばかりです。魚介類はマハーチャイから取り寄せています」

『PHUKET TOWN』という店名を掲げた彼女の意気込みは生半可なものではありませんでした。
プーケットで使われているモノにこだわり、内装や外観もプーケットタウンをイメージ。

プーケット出身の彼女だからこそ、ここまで妥協のない店を造り上げられたのでしょう。ペーさんに『PHUKET TOWN』のオススメメニューを伺いました。

「マッサマンカレーです」

……。
この日、我々は店イチオシのマッサマンカレーを注文せず満腹になってしまったわけです。
改めて来店し、せめてマッサマンカレーだけでも食べなければ。
そう心に決めて、後日再度来店しました。

ついにマッサマンカレーと対面!

『マッサマンカレーを食べるため』
とさきほど明かしましたが、本心を言えば再来店した動機はそれだけではなく、ケーティーさんを一目見たかったのが50%、いや60%かな…。

平日の午前11時30分。
ランチタイムを若干外して再度来店しました。
客の姿はまだ見えず、店内には従業員と美女1人。
ケーティーさんは早めの昼食をとりながら従業員と話し込んでいました。
せっかくだから写真を撮りたい…。

そんな野望を頂きつつオーダーしたのはマッサマンガイ ロティ。
ロティとはインド料理などで見かける無発酵のパンの一種です。

IMG_0270

実はこの組み合わせでマッサマンをいただくのは初めて。
たっぷりとマッサマンの塗ったロティを頬張る。
まろやかさの中にほんのりとスパイシーさを隠し持った絶妙かつ抜群な旨さのマッサマン。
数日前に、至極の南タイ料理を頂いたいたので、マッサマンのレベルの高さも頷けます。

素晴らしいマッサマンを頂きもう満足。
と言いたいところですが、1つだけ遂行できていない企みが残っています。
ケーティーさんの撮影です。
そう思っていたところ、お客さんが続々と2組入店。
さほど広くない店の規模だけに、2組が一度に入店すればそこそこ忙しくなるわけで、そうこうしているうちに3組目が入店。
私の席を譲らなければ座ることができなくなってしまったため、早々にお会計し店を出ることにしました。

次はいつ来店しようかな…。

IMG_0176

【SHOP DATA】
「プーケットタウン(PHUKET TOWN)」
TEL:02-714-9402
OPEN:11:00-22:30(年始・ソンクラーンは休み)
PRICE:
No.21番 茄子とミンチ肉の炒め物 165B、
No.37番 ココナッツスープ165B、
No.12番 イカゲソ揚げのヤム165B、
No.14番 野菜の盛り合わせ200B、
No.45番 鶏とタケノコのレッドカレー160B、
No.5番 手羽から揚げ150B

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]南タイ料理
-,

© 2020 激旨!タイ食堂