[料理名]クイッティアオ(タイラーメン)

16種類の麺をそろえるクイッティアオ屋台

タイ語が話せない旅行者の方にとって、クイッティアオ屋での注文は少々ハードルが高めです。
まず麺を選ぶ必要があり、その次にどの味のスープにするか。そしてスープ有りか無しかを選んでようやく注文完了と相成ります。
クイッティアオ屋でおいている麺の種類は店によって異なりますが、だいたいセンミー(ビーフン)、センレック(ライスヌードルの細麺)、センレック(ライスヌードルの太麺)、バミー(中華麺)、ママー(即席麺)を揃えているのが一般的。それら以外だとギアムイーといった珍しい麺もあったりと、6種類ほどから選ぶ必要があります。
旅行者にとってはこれだけ覚えるのも大変だというのに、さらに数多くの麺を揃えた屋台が存在。
なんと、全16種類もの麺があるというからアングリです。

ホイクワン交差点の西にある16種の麺を揃える「クイッティアオ・チャートナー15セン」

MRTホイクワン駅3番出口を出て、ホイクワン交差点へ。
ここから西へ1.5kmほど歩いたところに、一軒のクイッティアオ屋が営業しています。
『クイッティアオ・チャートナー15セン(ก๋วยเตี๋ยวชาติหน้า 15 เส้น)』と名乗るこちら。
店名の「15 เส้น(シップハーセン)」とは15種の麺という意味で、同店に15種の麺が揃えられていることを表しています。
麺だけが載っているメニューを見るとずらり。
これだけの麺を揃えたもんだと感心いたします。
麺の種類を列挙しておきましょう。

店の脇に麺全種が掲載されています

麺がずらり

วุ้นเส้น ウンセン
เกี๊ยมอี๋ ギアムイー
เซียงไฮ้ シャンハイ
เส้นเล็ก センレック
เส้นใหญ่ センヤイ
หมี่หยก ミーヨック
หมี่เหลือง ミールアン
เส้นหมี่ขาว センミーカオ
มักกะโรนี マカロニ
บะหมี่แบน バミーベーン
เส้นแก้ว センゲーオ
สปาเกตตี้ スパゲッティ
มาม่า ママー
หมี่กรอบ ミーグローブ
ขนมจีน カノムジーン
ไข่มุก カイムック

私は麺をしげしげ眺めてみて、あることに気付きました。
15種類ではなく16種類あるんですけど!
店主に聞いてみることにしました。

「麺は16種類あるね」

「んなバカな!15種類だよ」

あれ?あれ?あれ? 私が数え間違えただけだろうか。
厨房から女性スタッフが出てきてくれて、メニューの麺を数え始めてくれました。

「あー!16種類ある〜!!」

明るい女性店主

他人事のように驚いているけれど、あなたとこのメニューですから!
驚いているということは、麺の種類を増やしたことすら忘却してしまったのでしょう。
細かいことを言えば、16種類にしたなら店名も変えないといけないと思うんですけどね!

短いうどんのよう「ギアムイー」

เกี๊ยมอี๋ ギアムイー

これだけ種類があるなら、センレックやセンミーといった一般的な麺はさけ変わった麺を選ぶことに。まず私がオーダーしたのは、ギアムイーという麺です。
具材は鶏肉を煮込んだガイトゥンで、クリアスープのナムサイをチョイスしました。
ギアムイーは米麺で、短いうどんのような形状をしています。うどんのようだけどコシはなく、つるりと食べられる麺。
鶏肉はほろりと崩れる柔らかさで、スープは鶏のダシが薫って旨い。

マカロニのような緑色の麺「シャンハイ」

เซียงไฮ้ シャンハイ

続いてはシャンハイをチョイス。スープはトムヤム・ナムコンです。
シャンハイ麺を置いているクイッティアオ屋はかなり少なく、私個人的にはヤワラートとジャルンクルン通りで数軒見かけたことしかありません。
まず麺の色ですが、これは海苔とパンダナスを使って緑色にしているそうです。

スープのトムヤムはそれほど辛さはなく、甘みが若干強い味わい。
私は海鮮トムヤムを選んだので、イカや海老などが入っていました。

透明でコリコリとした食感?「センゲーオ」

เส้นแก้ว センゲーオ

3つ目にオーダーしたのはセンゲーオ。この麺は初めて見ましたが、褐藻を成分を抽出してジェル化した麺だそうです。
スープはイエンタフォーにして一口。「プチプチ」と表現すればよいのか「コリコリ」なのか、不思議な食感でございます。
センゲーオは海藻からできているので、カロリーが低いうえ栄養価もあり、ダイエット中の女性には最適。
イエンタフォースープも特筆したいほど秀逸でした。
これで3つのクイッティアオを完食したわけですが、さすがに私の胃袋もここでギブアップ。
とはいえ、まだ食べてみたい麺もありましたので、翌日にまた来店することにしました。

カオソーイで使う麺「バミーベーン」

บะหมี่แบน バミーベーン

そして翌日。
またまたやってまいりました。
店主のおばちゃんは「おう!また来たか!」とおっしゃってくれ、とっても笑顔。日本人が2日連続で来店するなど、非常にレアなケースでしょう。
4杯目として注文した麺はバミーベーン。これはカオソーイで使われているバミー麺で、一般的なバミー麺よりも平麺になっています。
表面積が増えているので、この麺にはトムヤムスープをチョイス。
これがドンピシャで、バミーベーンとの相性ばっちりです。

イエンタフォーに揚げ麺「ミーグローブ」

หมี่กรอบ ミーグローブ

そして食べたかったのが、16番目に載っていたカイムック。
写真を見ると卵のような形状をしたものが写っており、何が何だか分かりゃーせん。
得体の知れない麺だけにこれだけは食べておかなければとの思いが強かったんですが、おばちゃんは非情にも
「今日は市場で買い忘れたんだよ〜。うふふ」
と、お茶目な笑顔を見せて言い放ちました。
カイムックがなかったので、ミーグローブという揚げ麺をオーダー。
スープはイエンタフォーです。
スープ有りのクイッティアオに揚げ麺という組み合わせは初めてでしたが、時間が経過するにつれ揚げ麺がスープを吸収するため、ごわごわになっていく…。
ミーグローブにはスープ無しが合うかも。

16種類の麺のクイッティアオ屋台はYouTubeでも紹介しています

私が運営するYouTubeチャンネル「NISHIO TRAVEL」では、『クイッティアオ・チャートナー15セン』を動画にて紹介しています。
こちらもご覧になり、実際のお店の様子を感じてください。

【SHOP DATA】
「クイッティアオ・チャートナー15セン(ก๋วยเตี๋ยวชาติหน้า 15 เส้น)」
TEL:063-3686510
OPEN:05:00-19:00(基本無休)

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]クイッティアオ(タイラーメン)
-

© 2021 激旨!タイ食堂