" />

タイ東北地方(イサーン)

ブンカーン県で【クジラ岩】を訪れた後は絶品カオピアックをどうぞ

北イサーン地方のブンカーン県はメコン川沿いに位置し、2011年3月23日にノンカーイ県から独立しタイで77番目に出来た新しい県です。
ブンカーン県でもっとも知られた見どころといえばクジラ岩!
タイ語で「ヒン サームワン หินสามวาฬ」と呼ばれ、これを直訳すると「3頭の鯨」という意味。
実際に上空から見ると3頭のクジラが並んでいるように見えることから、こう名付けられたようです。
以下サイトの画像を見ると、なるほど確かにクジラに見える!
https://paapaii.com/unseen-thailand-bueng-kan-at-tree-rock-whale/

一番大きな岩はお父さん岩、中央がお母さん岩、小さな岩が子供岩と呼ばれ、家族のクジラが泳いでいるように並んでいます。
ここから眺める朝陽が美しいとタイ人にも人気のスポットで、ベストシーズンは乾季の12月と1月。
僕がイサーン全県の旅でブンカーン県へ入ったのは、2022年1月11日でした。
朝陽を拝むためには未明に出発しなければならず、僕が宿泊ホテルを出たのは朝4時50分。
自分で車を運転し、クジラ岩の駐車場へ着いたのは5時20分ごろでした。
そこからピックアップトラックに乗り換える必要があり、料金は往復で500バーツ。
路面の粗い山道を15分ほど揺られるとクジラ岩に到着です。
まだ6時にもなかっていませんでしたが、周辺にはすでに10名以上のタイ人が待機。
6時を過ぎると真っ暗だった世界が明け始め、空に色が帯び始めます。
そして日の出時刻の6時40分。
地平線から徐々に姿を現す眩い円球に目を細め、太陽の絶大な存在感にクラクラするばかり!
これほど美しい朝焼けは、ぜひたくさんの方に見てもらいたいです。
現地からYouTubeライブ配信しましたので、動画でご覧いただければより雰囲気を感じていただけると思います。

クジラ岩のあとに訪れた「バーンカオピアック」

クジラ岩を見た後、空腹を覚えた僕はとある食堂に足を運びました。
街中にある『バーンカオピアック』という小さな店で、店名通りカオピアックを柱にし、ジョーク(お粥)やゲーンセン(春雨スープ)、カイガタといった朝食メニューを揃えています。
朝食なのでふつうは1品だけを選ぶんでしょうが、なにせ僕は食い意地が張っているもんで、カオピアックとカイガタ、さらにカノムパンの3品を注文してやりましたよ!
まず驚かされたのは、カオピアックのスープ。
豚骨のダシがしっかりと溶け込んだスープは、さっぱりしているのに輪郭がはっきりとしていて旨い!
麺を啜る前に何度も何度もレンゲでスープをいただいたほど、魅せられました。
麺はもちもち感があふれ、こちらも素晴らしい。
あっという間に平らげてしまい、その勢いでカイガタとカノムパンも完食です!

店名が書かれている垂れ幕がないと、きっと気づかなかったでしょう…

バーンカーオピアック(บ้านข้าวเปียก)の店内

カオピアック/ข้าวเปียก

カイガタ/ไข่กระทะ

「バーンカオピアック」の全メニュー

『バーンカオピアック』のメニューをカタカナとタイ語の2言語で表記しておきます。
ここの中で気になったのはゲーンセンとママーソンクルアン。
ゲーンセンとはトムセンと同じで春雨スープのことなんですが、どんな味わいなんだろう。
ママーソンクルアンはどんな料理なのかすら分かりません。
この2品がどうしても気になってしまったので、翌日再来店いたしました!

結論からお伝えいたしますと、ゲーンセンもママーソンクルアンも、カオピアックと同じスープが使われていて、ゲーンセンは春雨を、ママーソンクルアンはママー麺を使っているものでした。
まぁ、スープが旨いからいいんですけどね!

カオピアック/ข้าวเปียก
ジョークサイカイ タマダー/โจ๊กใส่ไข่ ธรรมดา
ゲーンセン/แกงเส้น
カオトムシークロンムー/ข้าวต้มซี่โคร่งหมู
ママーソンクルアン/มาม่าทรงเครื่อง
ガオラオ-カオプラオ/เกาเหลา-ข้าวเปล่า
カイガタ/ไข่กระทะ
カイルアク/ไข่ลวก
カノムパン/ขนมปัง

【SHOP DATA】
バーンカーオピアック/บ้านข้าวเปียก
TEL:0923949116
OPEN:06:00-12:00(基本無休)

「タイが好きな人たち」が集まるオフ会やります!

本ブログを運営する僕が主催するオフ会を6月に開催します!
「タイ好き」の方々が集まり交流ができるイベントです。
開催するのは大阪、東京、札幌の三都市。
オフ会の詳細は以下のリンク先をご覧ください!

2022年6月4日(土曜日)
【大阪開催】
https://nishiotravel-osaka.peatix.com
2022年6月11日(土曜日)
【札幌開催】
https://nishiotravel-sappro.peatix.com
2022年6月18日(土曜日)
【東京開催】
https://nishiotravel-tokyo.peatix.com


-タイ東北地方(イサーン)
-