[料理名]トムヤムクン

「トムヤムクン バンランプー」は
プーパッポンカレーも旨い!

昨年の10月、読者の方からロケットニュースで紹介されていたという、トムヤムクンが旨い店を取り上げました。
こちらです。
「ROCKET NEWS 24」で取り上げられたカオサン近くの絶品トムヤムクン

この情報を教えてくださった読者のYさんから訪タイすると連絡があり、初めてお会いすることになりました。
場所は情報提供してくださった『トトムヤムクン バンランプー』です。

IMG_5007

[スポンサーリンク]



トムヤムクンは必須!その他にも旨いメニューが!!

以前来店してから経った月日はもう3ヶ月以上。
Yさんとは17時にお店の前で待ち合わせ、テーブルにつきました。
時間が早かったため先客は少なかったですが、1名バックパッカーのような日本人の姿が。
ロケットニュースで取り上げられた記事を見れば、日本人旅行者なら一度は来店してみたくなるでしょう。
私のブログで少しは知名度が上がった(?)とも思いたい!

腹をすかせた男2人。
前回はトムヤムクンしかオーダーできませんでしたが、今回はずんずんとオーダーしちゃいました。
もちろんこれはマスト。トムヤムクン。IMG_5001

ナムトックムー。IMG_4999

パックブンファイデーン。IMG_5013

トートマンプラー。IMG_5003

そしてプーパッポンカレー。IMG_5004

激旨ステッカーを貼ってもらいました〜

トムヤム以外の料理も素晴らしく旨いのですが、特に私たちが気に入ったのがプーパッポンカレー。
一般的なプーパッポンカレーはふわふわ卵がどっとかかっていて油が多く使われていますが、『トムヤムクンバンランプー』のは卵も油も少なめ。
油が少ないので食べやすく、しかも旨い!
このようなプーパッポンカレーは初めて出会いました。
店主のセンスと手腕の高さが表れているのでしょう。IMG_5005前回来店したことを覚えているのかは分かりませんが、店主に再来店したことを告げてご挨拶。
ご挨拶がてら激旨ステッカーをお渡しし、激旨認定店の称号を授与いたしました。IMG_5015来店してからおよそ3時間。
閉店時間まで食べて飲み、空いたビールの本数は5本!
いやぁ、よく飲みました。IMG_5016読者のYさんはこの後、タクシーでエカマイバスターミナルへ行き、そのままパタヤへ向かいました。
美味しい店があったらぜひ教えてください!

【SHOP DATA】
「トムヤムクン バンランプー(ต้มยำกุ้ง บางลำภู)」
TEL:089-815-5531
OPEN:9:00-20:00(月曜休み)
ADDRESS:Kraisi Road, Talat Yot, Khet Phra Nakhon, Bangkok, 10200,
PRICE:トムヤムクン100B、プーパンポンカリー150B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]トムヤムクン
-

© 2020 激旨!タイ食堂