[料理名]イサーン料理(タイ東北地方の料理)

ウドムスックで極上ムーヤーンを「Steak Lao」

BTS線にウドムスック駅。
用事がなければまず訪れることがないであろうマイナーな駅です。
とはいえ、この辺りは新しいコンドミニアムがどんどん建設され、居住地として選ぶ日本人も増えているのだとか。
私のテリトリーではありませんが、ウドムスックはあまり取り上げたことがないので、今回を機にちょくちょく紹介していきたいと思います。

[スポンサーリンク]



イサーン料理だけではなく幅広いメニュー有り

私にとって未開の地であるウドムスックだけに、どの店に行けばいいやら逡巡するばかり。
まずはWongnaiで高評価の店を探し、見つけたのが今回取り上げる『Steak Lao』です。
外観はきちんとしたレストランのようで、店内は私がいつも来店する屋台のような小汚い感じは皆無。
ファミレスを想起させる内観です。

IMG_4684 IMG_4661 IMG_4662

こんな店に単独で乗り込んでいる奴は私だけで、他テーブルは複数人で来店している客ばかり。
いつもとは違った雰囲気での食事&取材になりそうです。

『Steak Lao』という店名の印象で、ラオス料理に近いと言われているイサーン料理をメインに据えているのかと思っていたのですが、一通りメニューを眺めると幅広いタイ料理が揃えられています。

IMG_4666 IMG_4667 IMG_4668 IMG_4669 IMG_4670

中でも写真でデカデカとトップページに掲載されているのがムーヤーン(焼いた豚)。
コームーヤーン(豚のど肉焼き)はイサーン料理屋でメジャーですが、ムーヤーンってありそうでない。
一品目はムーヤーンで決まりです。

IMG_4648

もう一品をいかなるメニューにするべきか。
メニューを何度も見返し、思案を重ねます。
迷い、逡巡し、私が決めた料理とは…。

イチオシはムーヤーン!

ニン カナ クイッティアオ(เมี่ยงคะน้าก๋วยเตี๋ยว)。
ネットで調べても日本語表記が見当たらないので、前述の表記にしました。
見たことはあり食べたこともあるのですが、メニューに入れている店は非常に少なく、食べる機会が少ないタイ料理でしょう。
薄い皮(クイッティアオの素材でしょう)と葉でいろんな素材を包み、中央のタレに付けていただく。
実に楽しい一品です。

IMG_4647

さて、『Steak Lao』がもっとも推すムーヤーン。
表面はさっと火を通していてこんがりと焦げ目を見せながら、中は柔らかでほくほく。
さすが店が推すだけあり、極上のムーヤーンです!
これを食べるためだけに来店してもいいかも。

IMG_4656

ウドムスックがアツくなるのか!?

「以前は別の場所で営業していたんですが、1年ほど前にここに移転しました」

答えてくれたのは現オーナーのアヌワットさん。
日本に12度も来日したことがある親日家です。
前にあった場所には常連の日本人もいたそうで、移転してからもちょくちょく顔を出してくれる人もいると言います。
移転前の場所にはコンドミニアムの建設が決まったため、今の場所に移ったののだとか。

IMG_4659

コンドミニアム建設ラッシュに揺れる、ウドムスック界隈ならではのエピソードなのかもしれません。

【SHOP DATA】
「Steak Lao」
TEL:086-323-1161
OPEN:11:00-22:00(第二月曜日休み)
ADDRESS:Soi Sukhumvit 103 (Sukhumvit Road), Bangna, Bangna, Bangkok 10260.
PRICE:ムーヤーン200B、トムセープ120B、
FACE BOOK:https://www.facebook.com/SteakLaobyK.Dang

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]イサーン料理(タイ東北地方の料理)
-

© 2020 激旨!タイ食堂