[料理名]タイ中華

元祖ギターダック! 皮パリのローストダックを産んだ名店『Ramruay Pochana』

私が棲息しているのはスクンビット界隈ではなく、日本人が極端に少ないラマ3というエリアで、近くにはショッピングセンターの『セントラル ラマ3』があったり、子豚の丸焼き(ムーハン)で知られた食堂『ムーハンソンピーノン』があったりと、生活するに不便なことはない場所です。

住み始めて2年以上経ったこともあり、周辺のローカル食堂はだいたい制覇したと思っていました。
ところが、私の知らない名店がまだまだありました!
コンドミニアムから歩いていける距離に、超レアなローストダックを売るタイ中華のレストランがあったんです。

セントラルラマ3の向かい側にあるタイ中華レストラン『Ramruay Pochana』

Ramruay Pochanaの入り口

徒歩だと5分ほどの場所にある『Ramruay Pochana』。
『Ramruay Pochana』の敷地に入ってみると、一般的な店舗の造りをしていないため、日本人だと一瞬迷うかもしれません。
事前にYouTube撮影をさせてもらいたいとのアポイントを入れていたこともあり、話はスムーズだったんですが、オーナーさんは私とお会いするやいきなりどこかへ連れて行こうとする。

「うちのギターダックを作っている工程を見せてあげるよ」

ここ『Ramruay Pochana』は、ローストダックを独自の製法で仕上げ”ギターダック”なる奇妙なネーミングを付けて知られたタイ中華レストランなんです。
見た目がギターに見えることが由来なんだとか。
オーナーさんは私にすぐにでも、そのギターダックを見せたかったんでしょう。
私をすぐさま連れて行ってくれたのは、店舗から数十メートルほどのところにある、ギターダックを仕込んでいる場所です。
仕込み要員であるタイ人スタッフが数名が待機。
オーナーは彼らを見ると早口で指示を出し、スタッフはいそいそとアヒルを取り出し仕込みを始めました。
スタッフたちの顔に”やらされている感”が浮かんでいるのは、きっと撮影のためだけにやってくれているからでしょう。
1人がまずアヒルをさばいていきます。
ある程度さばかれると2番手のスタッフに渡り、彼がアヒルを針金製の型にはめ込んでいく。
それが終わると3番手のスタッフが受け取り、湯煎。
湯煎後、赤いタレをかけて3時間天日干しをして、40分ほどかけてグリルすれば出来上がりです。

テーブルに腰をかけ”やらされている感”が滲み出ているのは、撮影のためだけにやっているからだと思います

さばいたアヒルは針金製の型にはめ込みます

熱湯で湯煎するのは、洗浄の意味があるそうです

色を付けるためのタレを塗っています

タレを塗ったあと3時間ほど天日干しをして40分焼けば完成

仕上げに油で揚げれば完成です

油で揚げることで皮パリ感が味わえます

感動的な皮パリ感と至極のツケダレ

撮影にたいへん協力的な『Ramruay Pochana』のオーナーさんは、調理場もご案内してくれました。
オーナー自身がギターダックを揚げるところなども見せてくれ、サービス精神旺盛!
いざ食べようという時もずっと隣で喋っていて、なかなかYouTube撮影を開始できなかったのはご愛嬌でございます。
ひとしきりお話を聞き終え、オーナーさんが立ち去ったところで実食。
まず皮のパリパリ感に感動!
子豚の丸焼き(ムーハン)や北京ダックのような皮パリ感です。
ムーハンや北京ダックだと、肉の部位を別調理するため皮だけを楽しむものですが、ギターダックはパリっとした皮に肉も付いております。
だもんで、食べ応えがあるわけです。
そして特筆しておきたいのが、ツケダレ。
もうこれが旨いのなんの!
甘めのタレなんですが深みがあり、ギターダックのために生まれてきたような相性の良さ。
なんども味わってみましたが、どういった素材を使っているのかがさっぱり分からない。
再度オーナーさんが私の席に来た際に、このタレに何が入っているのか単刀直入に聞いてみました。

皮パリ感がたまらないギターダック

「えーとね、ニンニクとパクチーの根をすり潰して、それらを煮込んで……」

さきほどまで滑らかだった喋り口調が、急にトーンダウン。
さすがにトップシークレットであろうレシピですので、口数が減るのも当然でしょう。
この日はギターダックのほか、クラゲサラダの「メンガプルン ヤムタイ(แมงกะพรุนยำไท)」をいただき、ビールのお供にしました。

団体ならコースメニューがお得です

私のようにこの店へ1人で来店しようという方は少ないでしょう。
1人で来店してもいいんですが、複数人でいろんな料理を味わうほうがより楽しめると思います。
そこでおすすめしたいのが、メニューにも載っているコース料理。
1500バーツのコースで4、5人で十分お腹が膨れるほどの量があるのでかなりお得。
ギターダックだけではなく、ムーハンや北京ダックもありコース料理にこれらを組み合わせることも可能です。
ちなみにギターダックは1羽分で600バーツです。

オーナーが考案したギターダックへの矜持

「ギターダックをやっている店が増えたけど、これは私が考案した料理なんだよ」

そう話してくださったオーナーさん。
彼の遍歴を聞くと、昔事業に失敗してしまい、かなりの借金をして『Ramruay Pochana』を開店。
幾度とローストダックを作ってみて、ギターダックにたどり着いたそうです。
これが大ヒットし、数千万バーツあった借金は数年で返済し終えたというのだから、かなり儲けたんでしょう!

彼が話してくださったように、ギターダックを真似する店も出てきたのだとか。
でも彼は胸を張ってこう言います。

「真似している店よりも、ゼッタイにうちの方が美味しいから」

オーナーさんと記念撮影

『Ramruay Pochana』はYouTubeでもご覧いただけます

ギダーダックの有名店『Ramruay Pochana』は、私のYouTubeチャンネル「NISHIO TRAVEL」でもご覧いただけます。
協力的だったオーナーさんの雰囲気と、ギダーダックを食べる私を動画で楽しんでください!

【SHOP DATA】
「ラムルアイポーチャナー(Ramruay Pochana)」
TEL:022945273
OPEN:11:00-14:00,17:00-22:00(基本無休)

2021年イーペン祭りの開催日が決まりました!

私が運営する旅行会社TRIPULLでは、今年開催のイーペン祭りのチケット販売開始しました。
私も2日間、 イーペン祭りには同行いたしますので一緒に楽しみましょう!
詳細は以下画像のリンクからご覧いただけます。

noteでも記事を書いています

noteでもブログを執筆しています。
タイで住む私がタイの魅力をコンテンツとして配信し、タイで起業したい、移住したいという方が増えればと思っています。

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]タイ中華
-

© 2021 激旨!タイ食堂