[料理名]南タイ料理

プーケットだけでしか食べられない超レアな料理「オータオ」

タイの地方へ行けば、その地方でしか食べられない料理を求めるのは僕の常。
3月初頭にプーケットへ訪れたときも、何かないかと事前にリサーチしていました。
プーケットへは過去何度も訪れていますが、まだまだ僕が知らない料理がありました。
僕が見つけたのは、「オータオ(โอวต้าว)」という料理です。

オータオを求めて訪れた2店舗

オータオなんて聞いたこともなければ、もちろん食べたこともありません。
ネットで調べたところ、牡蠣の卵炒めオースワンに似た料理です。
ただ料理法や具材が若干違っているのですが、バンコクではオータオを置いている店は皆無。
プーケットだけでしか出合えない料理のようです。
タイ料理は地方によって特色があり、それぞれのエリアでしか食べられない料理も少なくありません。
僕はこのオータオを発見して俄然テンションアップ!
プーケットで数店舗のオータオの店を見つけ、その中から2店舗に絞りました。

オータオの元祖!?「オータオ ジビアン(โอวต้าวจี้เปี่ยน)」

オータオ ジビアン(โอวต้าวจี้เปี่ยน)

1店舗目は『オータオ ジビアン(โอวต้าวจี้เปี่ยน)』。
半屋台のような店舗で、道路に面しテーブルを並べています。
店頭では男性が鉄板で何やら炒めている。
覗き込みながら聞くと、これがオータオだとおっしゃる。
確かに見た目はオースワンに似ております。
以下が『オータオ ジビアン』の全メニュー。
基本的にメニューはオータオとスープの2種類です。

卵1個入り(普通盛り)/ธรรมดา (ไข่ 1 ฟอง)  タマダー (カイ1フォン)
卵2個入り(大盛り)/พิเศษ (ไข่ 2 ฟอง) ピセート (カイ 2 フォン)
貝の大盛り(ピセート ホイ)/พิเศษ หอย
シーフード(パームプラームック、クン)/ซีฟู๊ด (เพิ่มปลาหมึก,กุ้ง)
マンサヴィラット ジェー/มังสวิรัติ เจ
ミーフングラドゥ―クムー/หมี่หุ้นกระดูกหมู ミーフングラドゥ―クムー

เครื่องดื่ม クルアン ドゥーム(飲み物)

น้ำชาดำเย็น ナムチャーダムイェン
น้ำแมงลัก ナムメーンラック
น้ำอัดลม ナムアットロム
น้ำขวด ナムクアット

『オータオ ジビアン』のオータオ

揚げた豚の皮ケープムーも入っています

小粒の牡蠣を一緒に炒めたオータオです。
付け合わせとしてもやしが別皿で提供され、付けダレはありません。
オースワンのようだけどオースワンではない、プーケットの超レアB級グルメ。
しっかりと味付けがされているので、たしかにナムチムは不要です。
カリカリでもなく、ふんわりでもない。
しっとりとして食感で、B級グルメ感がたまりません!
途中でもやしを入れることでしゃきしゃきとした食感を加え、味変するのがおすすめ。
メニューを見ると「うちがオータオの元祖です」と書かれているので、プーケットでオータオを味わうなら『オータオ ジビアン』は必訪です!

【SHOP DATA】
「オータオ ジビアン(โอวต้าวจี้เปี่ยน)」
TEL:0840621232
OPEN:15:30-22:30

ミシュランバンコクにも掲載!「オータオ バーンニアオ(โอวต้าว บางเหนียว)」

オータオ バーンニアオ(โอวต้าว บางเหนียว)

1店舗目の『オータオ ジビアン』からバイクで5分ほど。
歩道にテーブルを並べ営業しているのが、2店舗目に来店した『オータオ バーンニアオ』です。
屋台にはミシュランバンコクのロゴが掲げられているように、プーケットのオータオでは有名店なのでしょう。
そのことを表すように、次から次へ客が来店しオーダーしていきます。
ここはオータオだけではなく揚げ物などのメニューも有り。
僕が選んだのは、オータオシーフード(โอวต้าวซีฟู้ด)。
さきほど食べたオータオとはガラッと変わり、シーフードがどっさりと使われ、タロイモも入っている具沢山なオータオです。
1店舗目のオータオは素朴さがあり、2店舗目の『オータオ バーンニアオ』は贅沢な一皿。
僕はどちらかといえば、具沢山の『オータオ バーンニアオ』が気に入りました。

店主のおばちゃんは一見するとムスッとしていて、近寄りがたい顔つきですが、僕が「撮影していいですか?」と聞くと快く応じてくれましたので、ご安心を!

イカやエビなどがどっさり

笑顔はありませんが撮影OKでした

17時過ぎに来店したら、テーブル席はほぼ満席

炭火を使うこだわり

歩道橋のすぐ近くで営業しています

【SHOP DATA】
「オータオ バーンニアオ(โอวต้าว บางเหนียว)」
TEL:0915154949
OPEN:18:30-23:00

華僑の食文化が息づくプーケット

以前、記事でも紹介しましたがプーケットには福建麺の店もいくつか点在しています。
オータオもそうですが、これらは中国から渡ってきた華僑たちが持ち込んだ料理です。
そのほかに点心の店も多いことから、プーケットには華僑の食文化が息づいていることが分かっていただけるでしょう。
プーケットへ訪れたなら、タイ南部料理だけではなく彼らが広めたタイ中華もぜひ味わってみてください。
僕が運営するYouTubeチャンネルでは、今回取り上げた2店鋪を動画で紹介していますのでそちらもご覧いただき、チャンネル登録していただければ嬉しさこの上ございません。

2021年イーペン祭りの開催日が決まりました!

私が運営する旅行会社TRIPULLでは、今年開催のイーペン祭りのチケット販売開始しました。
私も2日間、 イーペン祭りには同行いたしますので一緒に楽しみましょう!
詳細は以下画像のリンクからご覧いただけます。

noteでも記事を書いています

noteでもブログを執筆しています。
タイで住む私がタイの魅力をコンテンツとして配信し、タイで起業したい、移住したいという方が増えればと思っています。

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]南タイ料理
-

© 2021 激旨!タイ食堂