[料理名]クイジャップ(平麺を巻いたクイッティアオ)

朝から大混雑!チャン通りの名店
『クイジャップ ミスタージョー』

※2019年11月に動画を追加しました。
※2019年4月に追記しています。

11月3日付けの記事でチャン通りの『ヒアワン カオトムプラー』を取り上げました。

この記事で「チャン通りといえば『クイジャップ ミスタージョー』も有名ですよね」というコメントを頂き、ハッとしました。
いつもチャン通りを通る度に、店先に大勢の客が並んでいるのを目撃していたにも関わらず、未だ取材していなかったことを思い出したんです。

取材したい店がたくさんあるうえ、“行きたい店リスト”が日に日に増えていくもんだから、数日前に「行きたい!」と思った店であってもすぐには取材出来ず、人から教えてもらった店を優先させていると、後回しになってしまい…。

至高のムーグローブともに味わうクイジャップ!

というわけで今回は、チャン通りにある『クイジャップ ミスタージョー』。最寄駅はBTSサパーンタクシン駅ですが、徒歩だと30分ほどかかってしまうので、駅近くからソンテウに乗るか、バイクタクシーなどに乗るのがおすすめです。ちなみにソンテウはワットヤンナワー向かい側のバス停から乗車。ソンテウの番号は1279番です。
さて、私が来店したこの日、午前9時という時間であったのに、ほぼ満席。
ただでさえクイジャップ専門店が少ないのに、これほどの人気店も珍しい。IMG_7969IMG_7977IMG_7948クイジャップをブログで取り上げたのは、ヤワラーの『Nai-Ek Roll Noodles』ぐらいでしょう。
「クイジャップ」をご存知ない方は、この記事の中で簡単に説明しているので、そちらをご参考に。

『ミスタージョー』のクイジャップ、スープは胡椒が効いていてパンチがある。
他テーブルを見渡すと、クイジャップではなくガオラオ(麺なしスープ)をご飯と一緒に食べている方も少なくありませんでした。IMG_7942IMG_7945
『ミスタージョー』のクイジャップを高めているのは、ムーグローブ。
ムーグローブとは表面をカリカリに揚げた豚肉で、これだけを別皿でオーダーしている客も少なくありません。
カリカリに揚がった豚肉は、豚の旨みをギュッと閉じ込め、一口頬張ると「カリ!」「ジューシー!」が楽しめるわけです。

ムーグローブは次々とカットされていきます。

『クイジャップミスタージョー』の現オーナーはポーンさん。27歳(2019年の動画取材時)と若く、三代目だそうです。

「ウチは創業して40年以上が経っていますよ」

動画にも出演していますのでYouTubeでご覧ください

1日で使う豚肉の量はおよそ100キロ。毎日朝4時から仕込みを始めているそうです。ムーグローブは味付けした豚肉を1日寝かせて、翌日揚げるのだとか。
しかもほぼ無休で営業。脱帽です。

店内にはタイ語表記のメニュー敷かないですが、スタッフにいえば英語メニューを見ることが出来ます。IMG_7958IMG_7959席に着いて食べる客も多いですが、それにも増して持ち帰りが多い!
怒濤のようにオーダーをこなしていくスタッフの動きがテキパキしていて、見惚れるほど。
とにかくスープの旨さは特筆もので、ご飯をがっつり食べられるでしょう!IMG_7951IMG_7981

『クイジャップミスタージョー』を動画で紹介しています。

私個人のインスタアカウントで、『クイジャップミスタージョー』を動画で紹介しています。
この店だけではなく、個人的にお気に入りの食堂や屋台を動画で紹介しているので、フォローしていただければ食べ歩きに役立つと思います。

 

この投稿をInstagramで見る

 

西尾康晴@バンコク/激旨!タイ食堂(@nishioyasuharu)がシェアした投稿 -

【SHOP DATA】
「クイジャップ ミスタージョー(ก๋วยจั๊บมิสเตอร์โจ)」
TEL:02-213-3007
OPEN:8:00-16:30(無休)
ADDRESS:171/1 Thanon Chan, Wat Phraya Krai, Bang Kho Laem, Bangkok 10120
PRICE:クイジャップ50B、ムーグローブ55B

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]クイジャップ(平麺を巻いたクイッティアオ)
-

© 2020 激旨!タイ食堂