[料理名]カオナーガイ(鶏肉あんかけご飯)

創業80年の味を家族で守る
老舗カオナーガイ専門店

バンコクの旧市街地には、ガイドブックに載っていない旨い店がいたるところに点在。
私がこれまで紹介した店は一部でしかなく、知られざる名店がまだ数多く散らばっているグルメエリアです。
つい先日紹介した、バンコクでは珍しい海南麺を置く『カノムジーン ハイラム ゴールン』も旧市街地で長年営業しているクイッティアオ屋。
『カノムジーン ハイラム ゴールン』が立地するMahannop通りは、旧市街地の中でも特に名店が集中しており、カオマンガイ屋『ランファー』、カノムクイチャーイ(ニラ饅頭)の人気店『カノムクイチャーイ ジェイトゥーイ』なども並んでいます。
私はこの通りを歩きつつ、それらの店を眺め、どこで食事をしようかと逡巡。
決めあぐねている私の視界に、店内を黄色に染めた店舗が入ってきました。
こんな店、あったっけ…。
Mahannop通りは老舗が多く古い木造の店舗ばかりなので、黄色の店内は目立つこと甚だしい。




旧市街で出会ったカオナーガイ専門店

歩道から店内を覗き込むと、女性スタッフが声をかけてきました。

「カオナーガイどうですか?」

カオナーガイとは、ほんのりと甘めの餡かけに鶏肉を入れ、白飯にぶっかけるご飯もの。
辛みや酸味はなく、タイ料理の中でも食べやすい料理です。
ご飯ものだけにどこでもありそうなカオナーガイですが、意外ながら専門店は多くありません。
カオナーガイを最後に食べたのはいつだったかな…。
出会う機会が少ない一品でもあるので、この店についてまったく情報を持たないまま、カオナーガイを食すことにしました。

店内にはタイ人客だけではなく、欧米人バックパッカーの姿も。
旅行者が入りやすいのはメニューに英語が併記されていることもあるのでしょう。
そのうえ、従業員の女性は聞き取りやすい英語で欧米人に対応しているので、タイ語を話せない旅行者にとっては至れり尽くせり。
私はカオナーガイだけではなく、バミー麺を使ったバミーナーガイもオーダーしました。

カオナーガイ(ข้าวหน้าไก่)

バミーナーガイ(บะหมี่หน้าไก่)

ほどよい甘みの餡かけは無邪気な食欲を発揮させ、同じテイストの2皿であるにも関わらずサクッと完食。
カオナーガイって食べやすく万人受けしそうなのに、なんで専門店が少ないのかねぇ…。

中国からタイへ渡って来た2人がカオナーガイ屋台を創業

「お店はここでオープンして半年ほどですが、お爺ちゃんの代から営業していて創業80年を越えているんです」

約80年前、Poonさん兄弟2人は中国からタイへ移住。
当初は天秤を担ぎカオナーガイを売っていたそうですが、徐々に常連客を増やすことに成功し、店舗を構えるまでに至ったといいます。
その後はご家族がレシピを継承、半年前に現在の場所へ移転しました。
『カオナーガイ ラーン セー プン』を支えているのは女性ばかり。
ご家族だけで切り盛りしているそうです。

「これも人気メニューなので、ぜひ食べてみてください!」

アップルさんが勧めてくれたのは、蒸したもち米にムーデーン(焼豚)を乗せたカオニャオ ムーデーン
一見するとタイ料理に見えないほど、オシャレに仕上げています。
カオニャオにムーデーンを乗せるだけのシンプルな一品ですが、私は今までお目にかかったことがありません。
他店も真似してメニューにすればいいと思いますよ!

同店ではカオナーガイだけではなく、自家製の豚ワンタン(ギアオムー)も自慢の一品だそうです。
80年守り続けてきた味を、家族一体となって提供し続ける『カオナーガイ ラーン セー プン』。
再出発した老舗も、名店が軒を連ねるMahannop通りで光り輝く存在になっていくでしょう。

【SHOP DATA】
「カオナーガイ ラーン セー プン(ข้าวหน้าไก่ร้านแซ่พุ้น)」
TEL:061-994-7171,084-979-5551
OPEN:7:00-15:00(日〜金曜日) 7:00-18:00(土曜日)第二・第四水曜日休み
ADDRESS:112 Thanon Mahannop, Khwaeng Sao Chingcha, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon 10200
PRICE:カオナーガイ50B、バミーナーガイ50B、カオニャオ ムーデーン60B
Facebook:https://www.facebook.com/pooncuisine/

2021年イーペン祭りの開催日が決まりました!

私が運営する旅行会社TRIPULLでは、今年開催のイーペン祭りのチケット販売開始しました。
私も2日間、 イーペン祭りには同行いたしますので一緒に楽しみましょう!
詳細は以下画像のリンクからご覧いただけます。

noteでも記事を書いています

noteでもブログを執筆しています。
タイで住む私がタイの魅力をコンテンツとして配信し、タイで起業したい、移住したいという方が増えればと思っています。

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]カオナーガイ(鶏肉あんかけご飯)
-

© 2021 激旨!タイ食堂