[料理名]カオマンガイ(蒸し鶏乗せご飯)

カオマンガイ1杯がたったの30円!「カオマンガイゴールアイ」

ここ数年、タイの経済成長とともにタイの物価はどんどん上昇。
物価上昇は日常のいたるところで散見され、屋台やローカル食堂にも及んでいます。
「昔はカオマンガイ1杯が30バーツだったのになぁ」
古くからタイを愛する方々からはこういった嘆きも聞かれます。
そういった古参の方に朗報。
私が今回紹介するカオマンガイ食堂では、カオマンガイ一皿がたったの10バーツ(約30円)という破格値がつけられているんです。

カオマンガイは10バーツだけではなく20バーツと40バーツもあり

物価が上がり続けるバンコクでカオマンガイが一杯30円。信じがたい価格で提供しているのは、BTSサパーンタクシン駅から徒歩7、8分ほどの場所にある『カオマンガイゴールアイ』。近くにはカオカームーで有名な『ジャルンセン』があり、客があふれている様子を右手に見ながら直進。突き当たりを右折すると見えてきます。
店舗にはカオマンガイだけではなく、ぶっかけ飯もあり。来客を観察するとカオマンガイの他におかずも注文するなどして、なんとも豪勢なお食事だこと!

私はまず、10バーツのカオマンガイ。注文を受けるのは女性スタッフですが、運んできてくれたのは老年の男性店主です。

「君はタイ人に見えるな」

カオマンガイを置くと、そう言って去っていった老年店主。
テーブル上に運ばれたお皿は、10バーツだけにかなり小さいサイズですが、紛うことなくカオマンガイです。
まさに”わんこカオマンガイ”!!
大変小さいサイズではございますが、この一皿はタイ国内で最安値のカオマンガイでしょう。

10バーツとはいえスープもついてきます

お帽子も素敵だこと!

10バーツとはいえキュウリがトッピングされ、スープ付き。もちろんナムチム(付けダレ)もございます。
最安値カオマンガイを一口。スプーン一杯で早くも半分ほどがなくなってしまいましたが、ナムチムは私好みです。
10バーツカオマンガイは2口で完食できたほどのサイズですので、私の胃袋が満たされるはずもなく、続いて20バーツのカオマンガイをオーダーいたしました。
『カオマンガイゴールアイ』には10バーツカオマンガイだけではなく、20バーツと40バーツのサイズが用意されています。
20バーツは価格が倍になっていることもあり、サイズ感も2倍。さらにパクチーのトッピングが付いてきます。

突然始まったカオマンガイ店主のカラオケ!

20バーツカオマンガイは3口半ほどで食べ終え、それでもなお私の胃袋は満たされない。
店頭まで行き、ぶっかけ飯のおかずを観察。ここは老年女性が担当しており、ひっきりなしに入る注文をさばいておられます。
きっとカオマンガイ店主の奥様なのでしょう。
私はここでトートマン(魚のすり身揚げ)、ガイトート(鳥唐揚げ)、ウンセン(春雨)の3品をオーダー。
ぶっかけ飯を担当しているお婆ちゃんは背が小さく、10バーツカオマンガイのような可愛いサイズ感!
おかずだけを注文しましたが、皿にてんこ盛りにしてくださり、それで30バーツというからこちらも良心的じゃあございませんか。
盛り盛りのおかずを無言でいただいておりますと、突然、店内に大音量でミュージックスタート。
何事かとキョロキョロいたしましたら、お爺ちゃん店主が店の奥でカラオケをおっ始め、歌声まで店内に響き始めました。
10バーツでカオマンガイがいただけ、そのうえ、店主の美声まで聴けるなんて素敵な食堂だこと!

熱唱中のカオマンガイ店主

一曲歌い終えた店主に話を伺いました。

「ここは33年やっているよ。私の歳? 74歳だよ」

朝6時からカオマンガイを売り、営業中にカラオケまで披露されるのだから74歳とは思えないエネルギッシュ感です。

”タイ料理”と”タイミュージック”が楽しめる素敵なカオマンガイ食堂

私の席の近くで食べていた男性は、10バーツカオマンガイを何皿もオーダーし、まさに”わんこ蕎麦”のように皿を積み上げている。
私が確認した時点で10皿は積まれていました。
この店には40バーツのカオマンガイもあるというのに、なぜゆえに10バーツのミニサイズばかりを注文しているのだろうか。
摩訶不思議なお客様を横目に、ぶっかけ飯を担当されているお婆ちゃんの元へ行き、彼女にも話を伺いました。

左がぶっかけ飯屋の女性店主

「こことカオマンガイ屋は同じ店なんですよね?」

「違うよ」

てっきりご夫婦で営んでいると思っていましたが、まったく異なる店舗で夫婦関係ではないという。
どうりで、一切会話をしていなかったはずだ…。

タイ国内で最安値であろう10バーツカオマンガイ。
さすがにこれ一皿だけでは満たされないでしょうが、サイズが小さいだけに、カオマンガイとぶっかけ飯のおかずを同時にオーダーすることもできるので、いろんな料理を食べたい方にはおすすめ。
しかも食事中に店主の美声を聴くことができるので、”タイ料理”と”タイミュージック”の2つが楽しめる稀有な食堂でございます。

『カオマンガイゴールアイ』はYouTubeでも紹介しています

私が運営するYouTubeチャンネルでは、『カオマンガイゴールアイ』を動画でも紹介しています。
動画でもご覧いただき、『カオマンガイゴールアイ』の魅力を骨の髄まで味わってください。

【SHOP DATA】
「カオマンガイゴールアイ(ข้าวมันไก่ โกนวย)」
TEL:081-268-7734
OPEN:06:00-14:00(土日休み)
PRICE:カオマンガイ10バーツ〜

2021年イーペン祭りの開催日が決まりました!

私が運営する旅行会社TRIPULLでは、今年開催のイーペン祭りのチケット販売開始しました。
私も2日間、 イーペン祭りには同行いたしますので一緒に楽しみましょう!
詳細は以下画像のリンクからご覧いただけます。

noteでも記事を書いています

noteでもブログを執筆しています。
タイで住む私がタイの魅力をコンテンツとして配信し、タイで起業したい、移住したいという方が増えればと思っています。

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]カオマンガイ(蒸し鶏乗せご飯)
-

© 2021 激旨!タイ食堂