バンコク以外

ホアヒン|屋台が集合したカフェは常に満席!

ホアヒンに滞在時、朝から街中をぶらぶら散歩。
あてもなく適当に歩いていると、交差点の角で築数十年は経っているであろう古びた木造家屋に出合い、周りには6〜7軒の屋台が並んでいます。
しかも店内には溢れんばかりのお客さんで賑わい、従業員はてんやわんや。
朝ご飯を食べた直後でしたがあまりにも気になったので店内を覗いてみました。
テーブルについている方は表の屋台で注文したものを食べていますが、店内は歴史を感じさせるカフェのような雰囲気です。
おやおや、これはひょっとして超人気店に偶然遭遇したか!

IMG_1910 IMG_1907 IMG_1892

タイ人客のほか中国人観光客の姿も

空腹でないにも関わらず着席。
表に並ぶ各種の屋台から、もっとも食べやすそうなカオトム(タイの雑炊)を注文しました。
ほとんど空席がない店内はタイ人客のほか、中国人観光客の姿もちらほらり。
店名に漢字が冠せられていることを考えると、もとは華人がオーナーの店なのでしょう。
そのことで中国人観光客にも知られているのかもしれません。

IMG_1894 IMG_1893

カオトムにはほろりと崩れる白身魚の身が入っていて、朝にぴったりの優しい味です。
空腹でなくても美味しい!

IMG_1888 IMG_1891

もとはカフェだった創業60年以上の老舗店

スタッフ全員が忙しそうに振る舞っていましたが、店主であろう女性の方に話しかけてみました。

「うちはもともとカフェでね。いまはご飯も食べられる店になったんだよ」

創業して60年以上。
年輪が刻まれた木造の家屋は味があり、人が少なければコーヒーを飲みながらくつろげる場所でしょう。
店の周囲に並ぶ屋台はガオラオ(麺なしクイッティアオ)、カオマンガイ、カオトムプラー、カオムーデーン、クイッティアオなど。

IMG_1896 IMG_1897 IMG_1900 IMG_1901

それらの中から好きなメニューをオーダーし店内でいただく。
会計はカフェの店主に支払ったのですが、各屋台への売上げ配分がどうなっているのか不明です…。

空席ができればすぐ次の客が座り、空けばまた次の客と、満席状態が延々と続く『ジェック ピア コーヒーショップ』。
ホアヒンに来ることがあれば、立ち寄る価値ありのカフェ兼食堂です。

【SHOP DATA】
「ジェック ピア コーヒーショップ(ร้านกาแฟเจ๊กเปี๊ยะ)」
TEL:03-251-1289
OPEN:6:30-12:30,17:30-19:30
ADDRESS:36/1 Petchkasem Road Hua Hin, Hua Hin District, Prachuap Khiri Khan 77110
PRICE:カオトムプラー50B

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-バンコク以外
-,

© 2020 激旨!タイ食堂