MRT駅近 [料理名]クアガイ

チュラで出会った
クイッティアオ クアガイ(炒め麺料理)

先日、東京でタイ料理教室を主宰している長澤恵さんにお会いしました。
彼女はタイ料理に惚れ込み、何度もタイに通って、あらゆるタイ料理をマスターした方です。
著作もあり私も日本帰国時に購入しました。

長澤恵のタイ料理教室

ローカルタイ料理店を食べ歩きまくっている私ですが、そのわりにタイ料理のことについての知識が貧寒。
「なぜカオムーデーンの表面は赤いんだ?」
といった素朴なことなどや、タイ料理で使われている素材など基本的なことを知りたく、本書購入にいたりました。
装丁や本文のデザイン組、写真が美しく、オーソドックスなタイ料理の調理方法が、手順1つ1つに写真が入っていて分かりやすいおすすめの一冊です。

長澤恵さんのインタビュー記事は近日中にアップしますのでお楽しみに!

彼女との話しの冒頭で、パッタイについての話題が上がりました。
「『パッタイ』って“タイを炒める”っていう意味なんですよね」
なるほど!言われてみれば確かにそのまま。
そんな彼女の言葉を思い出しながら、私はとある店の前に立っていました。
チュラロンコンエリアにある『ペンラチャ クイッティアオ クアガイ』です。

IMG_2338

タイ版B級グルメと呼びたい

私も初体験となるクイッティアオ クアガイ。
パッタイと同様、炒めた麺料理の一種だそうです。
ですが“パッタイ”という名は頂けず、“クイッティアオ”と冠されたのは何か深い理由があるのかないのか。
メニューはセンタロという麺と、センヤイ(太麺)の2種類。
センタロってなんだろうか。
見たことも聞いたことも麺、センタロ君をチョイスしました。

IMG_2315

卵焼きがトッピングされたクイッティアオ クアガイは、イカやエビが具材のタレー(海鮮)。
赤いソースを好みでかけていただくようです。
日本でいう“B級グルメ感”を漂わせる一品だなぁ。
外装を眺めながらしみじみ思いました。
「タイ版B級グルメ」に認定しましょう!

IMG_2319 IMG_2321

「激旨!タイ食堂」ステッカー認定!

さて、センタロ君とはどんな奴なのか。
明らかに米麺ではない。
センタロ君の正体をご存知の方がおられましたら、教えてください。

B級感グルメは私の箸をぐいぐい進めてくれ、あっという間に完食。
もう1品、センヤイも勢い余ってオーダーしてしまいました。
これもペロッと完食した私は、この店のメニューにあったガオラオ(麺なしクイッティアオ)もオーダー。
走り出した食欲が止まりません。

IMG_2326 IMG_2323

さすがに食ってばかりではいかんと自制し、箸を置いてオーナーのチェイさんに話しを聞くことにしました。

「開店したのは39年前。ここに移転してからは20年になるね」

店内に掲げられた古い写真や紹介記事を見ると、歴史と知名度を持った店であることが伺えます。

IMG_2329 IMG_2331 IMG_2332

実はこの日、「激旨!タイ食堂」ステッカーが完成した、めでたい日でした。
私が「旨い!」と感嘆させられた店にだけ貼られるという、名誉あるステッカーです。
その第一号店は『ペンラチャ クイッティアオ クアガイ』に決定しました!

IMG_2339

最寄り駅はMRTサムヤーン駅で、ここから徒歩10分ほど。
ラマ4世通りを東に進み、Banthat Thong通りを北上。
Chulalongkon18のソイにあります。

IMG_2336 IMG_2337

【SHOP DATA】
「ペンラチャ クイッティアオ クアガイ(เพ้งราชาก๋วยเตี๋ยวคั่วไก่)」
TEL:081-899-2173
OPEN:11:00-21:00(月に2〜3日不定休)
ADDRESS:Chulalongkorn 18 Wang Mai, Pathumwan, Bangkok 10330.
PRICE:クイッティアオ クアガイ40B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-MRT駅近, [料理名]クアガイ
-

© 2020 激旨!タイ食堂