バンコク以外

【パタヤ】クイッティアオ イエンタフォーとマッサマンカレーが一緒に食べられる
「DANG-DUM RESTAURANT」

パタヤって良いニュースを見かけることがない中、また出てきました。
「パタヤビーチでのジェットスキー禁止を検討」

「警察に申し出ても請求は却下されない」

というのは、ほんとうに傷をつけられている場合もあるからだろうけれど、評判の悪い業者は営業停止処分にするなど、ジェットスキーを禁止にする前になんらかしらの手があるでしょうに。
パタヤはリゾートであり欲望渦巻く街。
悪徳業者が跋扈するのもパタヤという街の特性上、ある程度は仕方がないのか…。
セントラルパタヤロード沿いに朝方まで営業しているタイ料理屋があります。
創業して25年の「DANG-DUM RESTAURANT」

IMG_1463IMG_1459IMG_1458タイ料理全般が揃っていますが、人気なのはクイッティアオ イエンタフォー。IMG_1453タイラーメンに、発酵させた豆腐の「紅腐乳(ホンフウルウ)」を入れたもの。
他で食べると紅腐乳は鮮やかなピンクが多いですが、この店のイエンタフォーは味噌のような色合いです。
しかも一般的に酸味がある紅腐乳であるのに、これは日本の田楽味噌を彷彿させる懐かしい味わい。
つまりクイッティアオに田楽味噌がトッピングされた、と比喩すれば分かりやすいか。
トッピングには大根やルークチンなどを始め10種の具材が使われ、見た目もよろしい。

私がメニューを見て驚いたのはメニューにマッサマンカレーが載っている!
クイッティアオとマッサマンカレーが同時に食べられる店は、そうそうないでしょう。IMG_144675バーツにしてはボリュームがあり、きちんと作られたマッサマンカレー。
カウンターの料理ケースを覗かせてもらったところ、充実したタイカレーが並んでいたので、カレー推しなのかも。IMG_1462最後に一番可愛かったスタッフの女の子の一枚!

IMG_1457

【SHOP DATA】
「DANG-DUM RESTAURANT」
TEL:038-426-090
OPEN:5:30-Midnight
ADDRESS:460/5-7, Moo 9, Pattaya Klang Road, Bang Lamung, Chon Buri, 20260
PRICE:クイッティアオ イエンタフォー50B、マッサマンカレー ガイ75B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-バンコク以外
-

© 2020 激旨!タイ食堂