バンコク以外

パタヤ|お手頃価格でシーフード|ムンアロイ(ナクルア店)

私が閲覧しているタイ料理ブログは幾つかありますが、その中でも頻繁に閲覧しているのが『街かどタイ料理! - トムヤムBlog -』

幅広いタイ料理に精通しかなり参考にさせてもらっています。

1ヶ月ほど前にアップしていた記事に
海で獲れた珠玉の宝石?『ヤムカイプラーリアウシアウ』
というタイトルのものがあり、かなり気になっていました。
店名は『ムンアロイ』。
シーフードレストランの老舗のようです。
管理人の方はシラチャ店に来店したようですが、『ムンアロイ』はパタヤにも支店があるのだとか。
シラチャに行く機会は滅多にないもののパタヤなら数ヶ月に一度はある。
次回パタヤの血を踏むときは必ず訪れようと企んでいたところ、先日ようやくパタヤへ訪れる機会がやってきました。

向かったのはナクルアの『ムンアロイ』

調べたところ、『ムンアロイ』はパタヤのサードロード沿いとナクルアの2店舗を所有。
せっかくシーフードを食べるならサードロードではなく、海沿いのナクルアの方が雰囲気があってよろしい。
レンタルバイクを飛ばしナクルアの『ムンアロイ』に来店しました。

IMG_9823

交通手段はレンタルバイクの他なら、ソンテウに店名を伝えて向かってもらうのがもっとも簡単ではないでしょうか。
パタヤでもかなり有名なシーフードレストランなので、店名を告げて知らないようなら、そのソンテウはパス。
いちいち道を教えて向かうよりも、店を知っているソンテウを探す方が早いでしょう。
ソンテウでナクルアまで行ったことがないので正確な料金は分かりませんが、以前、パタヤの南にある『ジェイトゥン』まで行ったときは200バーツだったことを考えると、200バーツ以上はかからないかと。

海原からの潮風を感じられる立地

初めて来店した『ムンアロイ ナクルア店』。
海沿いに面しており潮風を感じながらシーフードが楽しめるうえ、敷地はかなり広く席数は100席を超えているであろう巨大シーフードレストランです。
エアコンがなければイヤ! という方はVIPルームと書かれたエアコン付きの部屋もありますが、ここまで来たなら海原を眺め潮風を浴びなければモッタイない。

IMG_9821 IMG_9817  IMG_9784

私は平日の昼過ぎに来店したこともあり、客数は少なかったものの、全席からパタヤの海が見渡せるので、閑散とした雰囲気は感じることはなく逆に開放感にあふれています。

IMG_9812

さあ、『ムンアロイ』で私がとりかく食べたかったのが、『街かどタイ料理!』で取り上げられていたヤムカイプラーリアウシアウ。
記事に掲載されていた写真通り、三種の卵がトッピングされたシーフードヤムです。
エメラルド色をした卵はプラーリアウシアウという魚のものらしく、魚卵とは思えないほど大粒!
色つやの美しさはまさに真珠のよう。
※『街かどタイ料理!』で紹介されていたシーチャラー店のメニューには「ヤムサンカイ」と記載されていたそうですが、ナクルア店は「ヤムソンカイ」。
若干異なっているようです。

IMG_9786 IMG_9790

真珠卵だけではなく蟹の卵などもあり、カブトガニの卵も入っているのだとか。
先日のマハーチャイの記事でも書いたように、私はカブトガニの卵をいまだ食べたことも見たこともないので、具材として入っていると言われても判別できない情けなさ。
『街かどタイ料理!』でそう書いてあったので入っているのでしょう!

魚卵や蟹の卵などもさることながら、イカやエビ、蟹の身が贅沢に使われたヤム自体も絶品!
ぷりぷりのイカや甘みのあるエビは、私の味覚を十二分に楽しませてくれます。
そしてもう1品。
海鮮ピリ辛炒めです。

IMG_9801

イカやエビのほか、スイートコーンや貝が入った炒め物で、味は文句なし!
旨いもんだから手が止まらなくなり、間髪おかずどんどん食べていたら、大量の汗が毛穴から一気に噴き出してきて、お口の中は灼熱地獄!!
胡椒の実も具材として使われているのですが、勢い良く食べていると胡椒の実を避けることも忘れ、がっつりと頬張っていたことが原因です。

『ムンアロイ』のメニューに掲載されている料理数はとにかく多い。
すべてのページを撮影しようとカメラを構え撮り始めたのですが、途中で断念してしまいました…。

IMG_9764 IMG_9783 IMG_9782 IMG_9781 IMG_9780 IMG_9779 IMG_9778 IMG_9777 IMG_9776 IMG_9775 IMG_9773 IMG_9772 IMG_9771 IMG_9770 IMG_9768 IMG_9765

『ジェイトゥン』ほど安くはないですが、それでも比較的安くシーフードが食べられるレストランでしょう。
蟹や魚などの魚介類は店頭に並べられている生け簀で元気そうに泳ぎ、自分たちの出番がいつかいつかと待ちわびているようです。

IMG_9825 IMG_9826 IMG_9827 IMG_9828 IMG_9832

サードロードにもある『ムンアロイ』

サードロードの『ムンアロイ』も店先まで行ってみました。
ナクルア店にも駐車場はありますが、サードロード店にも広い敷地の駐車場が用意されています。
入口はサードロードから少しだけ入った場所にあるため、分かりづらいかも。
私は夜に訪れたためかなかなか見つけられず、弱った挙げ句バイクタクシーの男性に聞いたところ、目の前にありました(笑)

IMG_9865 IMG_9866

ナクルア店よりは中心地に近いため、アクセスはこちらの方が便利です。
ただ、海を眺め潮風を感じたいのであれば、がんばってナクルア店へ行ってください!

【SHOP DATA】
「ムンアロイ(มุมอร่อย)」
TEL:038-223-252
OPEN:11:00-23:00(無休)
ADDRESS:Na Kluea 4 Alley, Pattaya, Bang Lamung District, Chon Buri 20150
PRICE:ヤムカイプラーリアウシアウ280B、海鮮のピリ辛炒め250B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-バンコク以外
-

© 2020 激旨!タイ食堂