[料理名]タイ料理全般

無名なんだけど地味に美味しい
私が通うチャン通りの屋台

日ごろはタイ人に評判の店ばかりを取り上げていますけれど、今回は趣向を変えて私がちょくちょく通う、無名の屋台です。
無名といっても店名はあって『クルア ソムポート(ครัวสมโภช อาหาร)』。
旨い店が点在するチャン通りにあり、いままで何度も前を通ってきたけれどノーマークでした。

「なんか屋台があるなぁ」

ぐらいにしか思っておらず、どんな屋台かも知らなかったほど。
店の名前も知られていない屋台でしたが、いつ通ってもそれなりに客が入っているんです。
ひょっとしたら旨いんじゃないだろうか。
何気にふらっと寄ったのがキッカケです。

[スポンサーリンク]



意外ながら英語表記のメニュもあり!

旅行者は間違いなく行く場所ではないし、在住者であっても近辺に住んでいなければ行くことのない立地。私はといえば近辺に住んでいながら今まで立ち寄ることすらなかったわけで、きっと近隣の日本人で来店したことがある方も少ないのではないでしょうか。

IMG_9359

場所はチャン通りのソイ53の道路を挟んだところ。
どんな屋台かもしらずメニューを見てみると英語表記もあるではないか!

IMG_9348IMG_9366

どうやら注文屋台のようで、カオマンガイからカオパット、パッポンカリー、炒め物と幅広いタイ料理が揃っています。
何がおすすめなのか店員の女性に聞いてみました。

「ヤムガイトートが美味しいわよ」

ヤムガイトートとは鶏から揚げが入ったサラダ。
言われるがままにそれを注文し、もう一品はこのブログで登場したことがないパッ マカロニです。
マカロニを炒めた料理でフードコートや屋台などでときおり見かけるメニューで、タイへ住み始めたばかりのころはよく食べていた一品です。
懐かしい。

IMG_9234 IMG_9237

盛り付けに花をあしらうこだわり

この2品が地味に旨い。
「地味に旨い」っていう表現が伝わるか分かりませんが、なんというか普通に美味しい。
これなら他のメニューにも期待ができる。
しかもこの屋台は、盛り付けにこだわりを感じたところにも好感を持ちました。
店前に飾り付け用の花があるように、料理によっては盛り付け時に花をあしらっているんです。

IMG_9360

というわけで再度来店し、この時はミックスサラダとタレーパッポンカリー(海鮮のパッポンカレー)を注文。
これらも地味に旨い!
『クルア ソムポーン』は地味に旨い屋台、別名“地味ウマ屋台”として私に認証され、それからというもの時おり通うようになりました。

IMG_9353 IMG_9357

「創業してからは20年以上です。私の父親が創業者ですが今は体調を崩しているので私が店を取り仕切っています」

店主の息子であるケンさんです。
ふだん取材時に店主の年齢を聞くことはありませんが、
まだまだ若いであろう彼の年齢は気になり聞いてみると、なんと若干21歳!
私が21歳のころと比べると、天地の差ほどしっかりしている。
ケンさん、応援してます。

IMG_9369

チャン通り近辺に住んでいる方にはおすすめです

「タイ人以外にも白人や中国人、香港人の方に来店していただいています」

さすがに日本人はほとんど見ることがないのだとか。
隣りの屋台もケンさんが運営している店で、ここはカームーやムーゴップの屋台のようです。

IMG_9364 IMG_9363

このブログを読んでいる方でチャン通り界隈に住んでいる方はおられますか?
近隣のタイ人には評判のようですので、近くにお住まいのようなら行ってみてください。
夜中3時まで営業しているっていうのも高ポイントです!

【SHOP DATA】
「クルア ソムポーン(ครัวสมโภช อาหาร)」
TEL:089-018-4771
OPEN:17:00-3:00
PRICE:ヤムガイトート80B、タレーパッポンカリーライス60B、ミックスサラダ70B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]タイ料理全般
-

© 2020 激旨!タイ食堂