" />

[料理名]カオジー(もち米の焼きおにぎり)

クロントゥーイ市場近くで20年営んでいるカオジー屋台

2ヶ月ものイサーン旅に出て、魅せられたひとつがカオジーです。
カオジーとは、丸めたもち米に溶き卵を塗って炭火で焼いた、タイ風焼きおにぎりです。
もち米を使っているのでお餅っぽくもありますが、もともと焼きおにぎりが大好物なもので、本場イサーンですっかり魅せられました。
イサーンだとどこを歩いてもカオジーを売る屋台があり、イサーンの人々にとっては日常食のような存在なのだと思います。

バンコクのカオジー屋台をどうやって見つけるか

ところがバンコクになると、これがなかなか見つからない。
僕は毎朝YouTubeライブ配信でバンコクの至る所を歩いていますが、それでも出会うのはたまにです。
しかも、カオジーの屋台って店名すら付けていないところも多くGoogle Mapにも載っていないし、タイのグルメサイトで取り上げられることもほとんどありません。
タイ語で検索しても出てこないので、日本語だと情報皆無です。
ネットやGoogle Mapで探せないなら、足で探すしかない!
そういうわけで、僕が毎朝のYouTubeライブ配信時などで見つけたカオジー屋台を本ブログで紹介していくことにしました。

炭火を使って焼いています

創業して20年!カオジーを売り続けている女性店主

「カオジー屋台」を取り上げるのは今回が初。
1回目に登場していただくのはクロントゥーイ市場近くのカオジー屋台です。
YouTubeライブ時に見つけた屋台で、ここのカオジーが本場イサーン並みのレベル!
取材で改めて買ってみたんですが、やっぱりうまいんです。
まず焼き色をご覧いただければ一目瞭然。
こんなに綺麗に焼き上げるのはそうそう簡単じゃございません。

美しい狐色に焼きあがったカオジー

 

焼き具合も見た目通りで、表面はまったく固くなく中もふわふわ。
もち米からはほんのりとココナッツミルクが香ってきます。
僕もカオジーを自宅で作ったことがあるんですが、炊いたもち米にココナッツミルクを加えるのが一般的なようです。
混ぜたら丸めて一度焼いてから、ナムプラやーなどを加えた溶き卵を表面に塗ってさらに焼く。
屋台によっては焼き過ぎて表面が乾燥し、固くなってしまっているカオジーもあります。

YouTubeライブ配信時には女性1人で売っていたのですが、今回取材でお邪魔したところ若い男女が2人いました。

「これはうちの子供だよ。創業して20年で、息子がいま20歳だから同じ年数だね」

女の子も男の子も顔が整っている!

 

普段はお一人でやっていて、この時は子供が手伝ってくれていたのかもしれません。
仲睦まじい家族で営むカオジー屋台。
店名を聞いたら「ありません」とのことなので、あえてここでは「カオジー屋台」として紹介します。

この記事をご覧になった方で

「あそこのカオジー屋台が美味しかった!」

という情報をお持ちでしたら、僕が取材に行きますのでコメント欄で教えてください。

お店情報

カオジーの屋台
TEL:なし
OPEN:04:00-09:00(日曜日休み)

2022年の年越しはカウントダウンクルーズで!

バンコクで年越しを迎えるなら、チャプラヤー川を遊覧するカウントダウンディナークルーズがおすすめです。
ビュッフェ料理やビールなど飲み放題のクルーズで、ライブ演奏やタイ舞踊も満喫。
カウントダウンでは無数の花火も打ち上がりますよ!

バンコク発チャータータクシー手配やってます

僕が運営している旅行会社ではバンコク発のチャータータクシーを手配しています。
アユタヤからピンクのガネーシャなどなど、タイ旅行にお役立てください! 



-[料理名]カオジー(もち米の焼きおにぎり)