[料理名]モーファイ(火鍋)

モーファイ鍋の名店「ヘンチュンセン」が一時閉店に

読者から届いた『ヘンチュンセン』閉店の一報

激旨!タイ食堂をご覧いただいている読者の方からLINEでメッセージを送られてきました。
そのメッセージは私を驚かせる衝撃的な内容でした。

「ヘンチュンセンがしばらくは閉店」

『ヘンチュンセン』とは牛肉のクイッティアオ屋で、モーファイ鍋というメニューもある老舗の食堂です。
私はここのモーファイ鍋の虜になってしまい、決して一人前とは言えないサイズの鍋でございますが、ときおり一人で来店し汗を垂らしながら食べていたお気に入りなんです。
そんなお気に入りの店が、一時的とはいえ閉店という報せを受け驚いたのは言うまでもありません。
私は真実を確かめるべくその日のうちに、ラマ4世通り沿いにある『ヘンチュンセン』へと直行しました。

タイ語と英語、日本語で書かれた閉店のお報せ

読者から届いたメッセージの通り『ヘンチュンセン』はシャッターが閉じられ休業中。
向かって左隣に隣接するカオマンガイ屋『カオマンガイ・ソムポーン』は、いたって変わらず営業しています。
閉じられた『ヘンチュンセン』のシャッターには張り紙が掲げられ、そこに書かれていたのはタイ語、英語、日本語の3ヶ国語で書かれた休業のお知らせです。

レストラン閉業致します。
再開の日程は決まり次第、
ご報告致します。

日本語での文面では休業開始日の記載がありませんでしたが、タイ語と英語で書かれているのは11月14日から休業しているとのこと。
休業理由はタイ語で小さく「スタッフのIDに関すること」とだけ書いてあります。
憶測ですが、雇用しているラオス人など外国人のIDを取得するまでの休業という意味でしょう。

閉店理由がほんとうに従業員の事情なのば、さほど長引かないでしょう。
早ければ年内、遅くとも2018年の年始には開店していると思います。というか、なるはやで開店してほしい!
営業が再開されるとFacebookページにて報告があがるはずですので、『ヘンチュンセン』ファンの方は、Facebookをチェックしておきましょう。

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-[料理名]モーファイ(火鍋)

© 2020 激旨!タイ食堂