BTS駅近 [料理名]パッタイ(タイ版やきそば)

超人気パッタイ店『パッタイアーリー』が閉店した跡は…

知る人ぞ知るパッタイの人気店『パッタイアーリー』。
店名にあるように、BTSアーリー駅から徒歩数分で行けるパッタイ店として評判を集め、チッドロム駅直結のデパート『エラワン バンコク』地下一階にも支店を出店したことでも知られています。

「パッタイアーリー」で検索すると、数々の記事にヒットするほどの有名店でしたが、先日『エラワン バンコク』を訪れたらその姿はなく、本店があったアーリーのソイを見てみると、なんと本店もなくなっていました。

カオニャオ ムーの支店!?

本店があった場所には新しい店がオープン。
『ジェーオーイ』というタイ料理店です。
あの有名店の跡地にオープンしたからか、前と通ると店員が
「パッタイ グンあるよ〜」
と声をかけてきました。
きっと『パッタイアーリー』が閉店したことを知らずにこの店へ来店する人も少なくないのでしょう。
有名パッタイ店があった場所で提供するパッタイはどれほどのものなのか。
どんな店なのかも分からないまま『ジェーオーイ』へ入店しました。

IMG_9643 IMG_9629

メニューを見るとパッタイ以外にソムタムなどもあり、店頭ではぶっかけ飯のおかずも並んでいます。

IMG_9623 IMG_9624 IMG_9625 IMG_9646
私が選んだのは卵焼きで包まれたパッタイホーカイ。
もちろん、エビ入りです。

IMG_9606

一目見て驚いたのがエビの配置位置。
一般的には麺と共に具材として調理されているエビが、パッタイの頂上にトッピング。
しかも、一見するとケチャップで味付けがされているように映ります。
独創感を感じるパッタイです。

IMG_9611 IMG_9613

どこにでもあるようなスタイルを適用していないだけあり、パッタイは高いレベルと言っていい。
包んでいる卵焼きは厚く、贅沢に卵が使っていることが分かります。
いやぁ、ほとんど期待せず入店したので、意外(こういうと失礼ですが…)と旨いパッタイに出会えたことはラッキー。
『ジェーオーイ』がどういった店なのかを知るべく、オーナーであるジェーオーイさんに話しを聞くことに。

「オープンして1年ほど。この店の向かい側でカオニャオ ムーのお店をやっているんですが、そっちは20年以上やってますよ」

たった1年という新店でした。
つまり少なくとも1年前には『パッタイ アーリー』本店は閉店していたのでしょう。
彼女が言う、向かい側で営業しているカオニャオ ムーの店とは…。

周辺はランチタイムになると混雑必至

“カオニャオ ムー”(カオニャオ=もち米 ムー=豚)という料理名を初めて聞いたし、見たのも初めて。
カオニャオの上に豚肉などをトッピングし、葉で包むタイ料理なのだとか。
さすが20年以上もやっているだけあり、店頭には有名人が来店した様子が写真で掲載。
そこそこ名の知れた店なのでしょう。

IMG_9619IMG_9618IMG_9631IMG_9632IMG_9633IMG_9634IMG_9636IMG_9637IMG_9638

いまだ味わったことのないカオニャオ ムーを食べてみたい気持ちは山々でしたが、パッタイで満腹のため断念…。

最後にジェーオーイさんを撮らせてもらいたいと伝えたところ、調理を担当している女性とツーショット。

「彼女は何を作っても美味しいのよ。センスが抜群なのよね」

IMG_9627

『ジェーオーイ』の場所はBTSアーリー駅④番出口を降りて、数十メートル北上。
『PHAHOLYOTHIN PLACE』というビルのすぐ横を通る細い通りに面しています。
この界わいは飲食店が集中しているため、ランチタイムになると周辺のビジネスマンやらOLが集まるため、平日の昼どきは外したほうがいいでしょう。

IMG_9651

【SHOP DATA】

「ジェーオーイ(เจ๊อ้อย )」
TEL:081-924-0921,090-197-7755
OPEN:6:00-15:00(日曜日休み)
PRICE:パッタイ グン ホーカイ110B、パッタイ50B、パッタイ グン90B
FACE BOOK:https://www.facebook.com/%E0%B9%80%E0%B8%88%E0%B9%8A%E0%B8%AD%E0%B9%89%E0%B8%AD%E0%B8%A2-%E0%B8%82%E0%B9%89%E0%B8%B2%E0%B8%A7%E0%B9%80%E0%B8%AB%E0%B8%99%E0%B8%B5%E0%B8%A2%E0%B8%A7%E0%B8%AB%E0%B8%99%E0%B9%89%E0%B8%B2%E0%B8%AB%E0%B8%A1%E0%B8%B9-189327257899249/

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-BTS駅近, [料理名]パッタイ(タイ版やきそば)
-

© 2020 激旨!タイ食堂