BTS駅近 [料理名]カノムジーン

【閉店】目の前はコンビニの壁!
驚きのカノムジーン専門店

戦勝記念塔(ヴィクトリーモニュメント)の周辺にはお気に入りの店がいくつかあります。
ブログですでに紹介した『パッタカーン ジャッキー』はバミーとラートナーが神レベルの店。
その他、朝からチムチュム鍋やイサーン料理がいただける『イサーン ロム エン』は駅近で観光者をアテンドするには便利なイサーン料理屋です。

それらの店を取材しているとき、1店舗かなり気になっていた店がありました。
それが今回取り上げる、名も無きカノムジーン専門店です。
店の場所はなんと、セブンイレブンの真ん前!
戦勝記念塔の東側、ラチャウィティ・ソイ7入口です。
店頭の壁にカウンターテーブルが設置され、客席はおよそ4〜5席のみ。
壁に向かって黙々と食べておられる姿は、他で見られない営業スタイルです。

[スポンサーリンク]

2種類のカノムジーンは熱々

特異な営業スタイルでありながら、見る度にほぼ満席で繁盛極まりありません。
しかも、どうやらカノムジーンしかない様子。
コンビニ前の店+カノムジーン専門店+いつも満席
この3つが揃う店が他にあれば教えていただきたい!

IMG_1159

私が来店したのは土曜日の午前10時。
当然のように満席で、しばらく待って着席しました。
座って改めて気付いたんですが、トッピング類の野菜が多いこと!
しかもゆで卵がフリー!
板東英二さんなら泣いて喜ぶカノムジーン専門店です。

IMG_1153

メニューは3種類。
鶏の足入りカノムジーンと、ルークチン(魚のつみれ)入りカノムジーン。そして両方をミックスしたカノムジーンです。
私はミックスをオーダー。
1種類だけなら30バーツ、2種類をミックスすると35バーツ。
カノムジーンを食べる機会があまりありませんが、ヌルいスープという印象です。
ところがココは違う!
常に温められているからか、タイでは珍しく熱々のカレースープに素麺のような米麺がひたっているんです。
はふはふ言いながらいただくカノムジーンは、とてもとても旨い!
ふだんは食べないゆで卵ですが、フリーだと食べちゃったりして。

IMG_1150 IMG_1160 IMG_1162

家賃はセブンイレブンにお支払い

この店についてはいろいろと気になるのですが、まず創業してどの程度なのか。
たった1人しかいない従業員に聞いたところ、分からず困った様子。
なぜか真向かいで営業している屋台のおばちゃんに聞いていました。
彼女いわくおよそ10年だそう。
屋台のおばちゃんの方が詳しそうなので、彼女に訊いてみることに。

「店主は朝早くきて数時間で帰っちゃうからね。今日はもう戻ってこないよ」

いま働いているのは雇われている従業員だったようです。
他に質問しても何も分からない雰囲気で、タイ語もかなり聞き取りづらかったことを鑑みると、タイ人ではないのかもしれません。

「ここで営業するには、セブンイレブンにお金を払ってるの?」

「そうだよ。毎月幾らか払ってるよ」

当然といえば当然なんですが、お金を払えばセブンイレブンの真ん前で、しかも壁にぴったりとカウンター席を密着させて営業できるなんて、さすがタイランド。
またまたアメージングに出会いました。

IMG_1164

【SHOP DATA】
「ラチャウィティ・ソイ7入口のカノムジーン」
OPEN:8:30-20:00(無休)
PRICE:カノムジーン(1種類)30B、(2種類)35B

Yeepeng Festival

YouTubeでも”タイの旨い”を配信中!

  • この記事を書いた人

西尾 康晴

2011年にタイへ移住。2015年から「激旨!タイ食堂」の運営を開始。2017年4月に旅行会社TRIPULL(THAILAND)Co.,Ltd.を起業し、現在は動画制作事業HUSHと共に運営しています。

-BTS駅近, [料理名]カノムジーン
-

© 2020 激旨!タイ食堂